1962年8月3日、ニュルブルクリンクでドイツGP予選が開かれた。"情熱のレーサー" ダン・ガーニーはポルシェ804のステアリングを握り、前年より8秒も早い8分47秒20のラップレコードを記録。自身の伝説に新たな1ページを刻んだのであった。

1931年、アメリカのロングアイランドで生まれたガーニーがレース界で旋風を巻き起こしたのは、1967年のことだった。彼がレース後に行った”ある行為” が、今でもひとつの”儀式”として世界中のレーシングドライバーに受け継がれているのだ。

「1967年のル・マンで勝利した時、その気持ちは最高でシャンパンを振ってかけるアイデアが頭に浮かんだのです」こうして、シャンパンシャワーが誕生したのであった。

ダン・ガーニーは、1962年にルーアンで開催されたフランスGPに8気筒エンジンを搭載するポルシェ804で参戦し、見事優勝を遂げた。それはポルシェにとってF1世界選手権における唯一の勝利となった。そして、彼は1961年から62年にかけて共に戦ったポルシェに対して、大きな恩を感じているという。「はじめて本当の意味でクルマを操ることを学んだのはポルシェでした。壊れなくて、どのマシンよりも速い一台を与えてくれたからです」



ポルシェはガーニーの人生にも影響を与えている。ガーニーは当時ポルシェ・ワークスを率いていたフシュケ・フォン・ハンシュタインの秘書エヴァと結婚した。また、彼はエンジニアやコンストラクターとして評価もされてきた。”ガーニーフラップ”と呼ばれる空力デバイスは、リアウイングをほぼ垂直に跳ね上げてダウンフォースを高めるもので、エアロダイナミクス技術に小さな革命を起こしたのであった。また、単気筒エンジンを搭載しシートポジションが極めて低いアリゲーター・オートバイの開発に20年以上にもわたり携わっていた。

ガーニーはまた、チームディレクターとしても一流で、自身のF1チーム ”イーグル” は、スパで開催された1967年のベルギーGPにおいてアメリカ人が率いるチームとして初めてコンストラクター優勝を獲得した。そのバラエティに富んだ才能で彼と比較できる人物はマリオ・アンドレッティぐらいだろう。

彼が見事3位に入賞した1962年のニュルブルクリンク北コースで開催された予選では、マシンのバッテリーが外れてしまうというハプニングに見舞われていた。そこで、ガーニーは走行中ずっとバッテリーを足で押さえながら走っていたというのだからその才能は本物だったといえるだろう。