世界中には何千ものポルシェ愛好家がいるが、中でも抜きん出た情熱を持ち、小さなスケールのポルシェだけを1000台以上集めている人物がいる。

「私が初めてツェルアムゼーに行ったとき、私はフェリーポルシェの墓を探して墓地を訪れました。そして彼の墓を見つけたときに、私は妻に言いました。"私が死んだら、私の遺灰はここにまいてくれ"と」彼は心からポルシェを愛しているが、彼の妻はまったくクルマに興味がないのだとか。しかし、クルマを愛している夫の姿を見ることが楽しく、様々な場所へ2人で行くそうだ。

圧巻のコレクションをもっと見る

そんな彼のコレクションは、ル・マン24時間に参戦したほぼすべてのマシンや、ポルシェの歴史を象徴するものが並んでいる。そして、部屋の中央にはこれらのポルシェを飾るショールームもある。フィギュアなども用意され、レセプションセンターや、展示エリア、イベント広場など様々なシチュエーションが設定されているのだ。「彼は新しいミニチュアを手に入れると、まずはディーラーのフロアで、公式プレゼンテーションを行うんです」と、アルベルトの妻は真っすぐな眼で説明する。

ミニカーのほとんどはオーダーメイドのディスプレイ家具の中に展示されている。訪れた人はそのコレクションを見ることはできるが、触ることは許されていない。コレクションの中には、フリオ・ガルガッロがドライブした911やタイプ597 Jagdwagen、ポルシェ・トラクター、オフィシャルバンといった珍しいモデルも含まれている。さらに、ミニカーだけでなく書籍や935のボディワークの一部、セブリングでの12時間耐久の時に走っていたポルシェのタイヤカス、パリ・ダカールのテネレ砂漠の砂、ル・マンサーキットのターマック、モナコグランプリの縁石の一部などといったマニアなコレクションもあるのだから驚かされる。

「いつも旅行はクルマで行きます。そうすればたくさんの資料などを持って帰ってこれるので」と話すアルベルトのポルシェコレクションは、これからも充実していくだろう。