日野がVWのトラック部門トレイトン社と「電動車」開発で合弁会社設立へ

日野がVWのトラック部門トレイトン社と「電動車」開発で合弁会社設立へ

日野自動車が9月18日、VWのトラック・バス部門を担う独トレイトン社と電動化技術の共有化を進めていくと発表しました。日野は中・小型トラック、トレイトンは大型トラックと、それぞれの強みを生かし、次世代技術の開発競争が激化するなか、両社協力のもと「電動パワートレーン」や「電動車」の開発スピード向上に繋げるそうです。

両社は本年4月に商用車の次世代技術で提携すると発表、今回はその第1弾となるもの。技術開発や部品調達での戦略的な取り組みに向けて2019年後半を目標に合弁会社を設立、協力関係を強化していく考えで、両社は既に複数のワーキングチームを設置。

新聞報道によると、当初の人員は両社半々の小さな組織(10〜20名規模)で効果的な運営を目指すようです。

日野自動車の下社長によると、これまで数か月に渡って話し合いを重ねて来た結果、改めて両社が「お客様に最高の価値を提供する」という共通の価値観を持っていることを確認したそうで、トレイトンとのパートナーシップは両社にとって競争力の源泉になるとしています。

このように、昨今の「電動化」に向けた一連の動きは、商用車の分野においても具体化しつつあるようです。

日野プロフィアハイブリッド

(Avanti Yasunori・画像:TRATON)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索