トヨタがウーバーとの協業で「モビリティー・カンパニー」へと変革する!?

トヨタがウーバーとの協業で「モビリティー・カンパニー」へと変革する!?

8月28日に自動運転車に関する技術でUber(ウーバー)社との協業拡大を発表したトヨタ自動車。

同社はウーバーに5億ドルを出資。2021年までに両社の技術を搭載したミニバン「シエナ」をコネクテッドカー化、ライドシェアサービス車両としてウーバーのライドシェア・ネットワークへの導入を予定しています。

 

新聞報道によると、ウーバーのダラ・コスロシャヒCEOは「目標は自社ネットワークに世界で最も安全な自動運転車を投入することであり、今回のトヨタとの合意はその実現に向けた大きな一歩」とコメントしており、トヨタの友山茂樹副社長も「モビリティーカンパニーへとトヨタが変革する上で、重要なマイルストーンになる」とコメントしている模様。

トヨタはウーバーとの協業を通して、自動運転やシェアリングの知見や技術を習得した上で、自動運転車両の運営や第三者を含む運営会社についても検討して行く考えのようで、今年1月には豊田章男社長が「今後はクルマ会社を超え、人々の様々な移動を助けるモビリティー・カンパニーへと変革する」との考えを表明するなど、将来に向けたシナリオの「見える化」を急いでいるようです。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索