「FC列車」が登場? トヨタとJR東日本が水素エネルギーの利用拡大で連携

「FC列車」が登場? トヨタとJR東日本が水素エネルギーの利用拡大で連携

トヨタ自動車が水素を活用した交通網の整備でJR東日本との連携を発表しました。トヨタの燃料電池(FC)技術と、JR東日本の鉄道開発技術を持ち寄り、CO2排出量削減に共同で取り組むそうです。

トヨタはFCV(燃料電池車)やFCバスの開発技術、水素ステーション整備に関するノウハウ等を有しており、一方のJR東日本は鉄道事業や駅及び駅周辺の開発に関する技術を有しています。

両社は今後、JR東日本の社有地を活用した水素ステーションの拡充や地域交通へのFCV、FCバスの導入、鉄道車両へのFC技術応用等による水素エネルギー利用拡大で低炭素社会への動きを加速させる考えのようです。

水素は地球上に無限に存在しており、EV用のバッテリー材料(コバルト等)のように、枯渇する心配が無いことや、より多くのエネルギーを蓄えることができるため、利便性の面からも水素利用拡大の動きは今後も加速することになりそうです。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA、JR)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索