ホンダと日立系の合弁会社がEV用モーターの研究開発拠点を新設

ホンダと日立系の合弁会社がEV用モーターの研究開発拠点を新設

ホンダと日立系の合弁会社「日立オートモティブ電動機システムズ」が、電動車用モーターの性能向上を目的として研究開発拠点を新設するそうです。

同社は2017年7月、日立オートモティブシステムズとホンダの出資により設立、電動車向けのモーター開発や製造販売を手掛けています。

これまで本社内で研究開発を進めていたそうですが、完成車メーカー各社が電動車開発を強化するなか、基幹部品となるモーターの需要が増しており、今後の電動車普及を見据えて新たに拠点を設けて研究開発を強化することにしたもので、耐久試験棟も刷新するほか、技術者などの新規採用も検討しています。なお、総事業費は約100億円。

国内外でモーターの生産を計画しており、国内は2019年度に茨城県のひたちなか市で生産を開始する予定。また海外では昨年11月に中国・広州市に新会社を設立しており、2020年度に車載モーターの生産を予定。

新聞報道によると、新拠点は2019年4月に稼動予定で、モーター性能のほか、生産技術や品質向上などの研究も手掛け、モーターの競争力を高めるとしています。

(Avanti Yasunori)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索