マツダ、2020年発売のEVに発電用ロータリーエンジン搭載。航続距離を2倍に伸長

マツダ、2020年発売のEVに発電用ロータリーエンジン搭載。航続距離を2倍に伸長

マツダが10月2日に都内で開いた技術説明会で、2030年時点の生産車全てに「電動化」技術を搭載すると発表しました。

2050年までに企業平均CO2排出量を2010年比で90%削減する方針で、2020年に小型・高出力・低振動で静粛性に優れる「発電用ロータリーエンジン」搭載により、航続距離を通常の2倍に伸ばした独自開発のEVを発売するそうです。

マツダでは今後もガソリンやディーゼルエンジンの駆動をモーターで支援する「マイルドハイブリッド」を軸にする模様で、EVは全体の5%程度の構成比になる見通しのよう。

95%はガソリンエンジンなど従来の内燃機関の技術を活かす戦略で、将来的には駆動でもロータリーエンジンを使いたいと考えているようです。

(Avanti Yasunori・画像:MAZDA)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索