VWがEV化で今後数年間に独工場の従業員約7,000人を削減。その理由とは?

VWがEV化で今後数年間に独工場の従業員約7,000人を削減。その理由とは?

VWがEVなど電動化に伴い、今後数年間で独工場の従業員約7,000人を削減する計画との報道が話題になっています。

この削減計画は、EU(欧州連合)が2030年までに域内で販売する乗用車(新車)のCO2排出量を2021年目標比で37.5%削減する方針を固めたことに由来している模様。VWは同方針に基づき、2030年までに約 60万台/年のEVを販売する必要があるそうです。

同社は11月16日、2023年までの5年間で電動化に300億ユーロ(約3.8兆円)を投資する計画を発表。バッテリーの自社生産にも乗り出し、2025年までに欧州生産の2割をEVに転換するとしています。

独紙(フランクフルター・アルゲマイネ)によると、従業員数の削減は2022年から小型EVを生産予定のエムデン工場と、バンタイプのEVを生産予定のハノーバー工場で働く約2.2万人が対象。

EVは従来車よりも部品点数が少なく、少人数での生産が可能なため、組立てに必要な人員数を見直す必要があるためで、今後、EVが普及するに伴い、こうした状況が欧州に限らず、世界各地で発生する可能性がありそうです。

(Avanti Yasunori・画像:VW)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索