【動画】東レ・カーボンマジック奥社長に聞いた「コンセプトカーI to P(アイトップ)の制作秘話

【動画】東レ・カーボンマジック奥社長に聞いた「コンセプトカーI to P(アイトップ)の制作秘話

内閣府が統括する「革新的研究開発推進プログラム(略称ImPACT)」から生まれたコンセプトカー「I to P(アイトップ)」。超薄膜化と強靭化を可能にする「しなやかポリマー」を、車体骨格からウィンドウ、タイヤ、足回りとあらゆるところに使ったEVです。

この「I to P」の生みの親とも言える東レ・カーボンマジックの奥明栄社長に、モータージャーナリストの両角岳彦氏がインタビューした動画が公開されました。

2018年9月18日、東京・お台場の日本科学未来館でおこなわれた「しなやかポリマー全国技術説明会」に「I to P」が自走で登場します。

クルマの周りはすごい人だかり。

クルマの前に奥社長が登場。「自分のやったコンプリートカーとしては、2008年のS102 ル・マンカー以来です」

「材料は目に見えにくいんです。新材料をクルマに使うとどんな効果があって、なにがうれしいんだということを表現するために作りました」

(3人乗りにしようっていうのはカーボンマジックの中で考えたんですか?)「いえ、最初から(このコンセプトでした)」

「もともとポリカーボネイトとかアクリルはレーシングカーで使っているので、そういう成型メーカーと協力しました」

「クルマ作りという点からいうと、吸気、排気、オイル、水がないから部品点数が圧倒的に少ない。そういうスパンで組み立て日程とか考えると、『もうできた!』という感じです(笑)」

鉄やガラスなど既存の素材にとって代わり、未来のクルマを一変させる可能性を秘めたポリマー技術。そのすごさを凝縮した「I to P」は、今後も注目されるプロジェクトとなりそうですね。

(クリッカー編集部)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索