走行距離わずか370km…新車のOPTION300ZX、バラバラ事件!? その2【OPTION 1983年12月号より】

走行距離わずか370km…新車のOPTION300ZX、バラバラ事件!? その2【OPTION 1983年12月号より】

OPTIONホットマシンとして投入された300ZX。まずは!のファーストDaiインプレッションは「その1」をチェックしてくださいね。

で、今回その2では……ちょっと〜なにやってんの!? やだ〜もったいない!! なんと、新車の300ZXをバラバラにしてしまいました!! しっかし、バラバラ作業をするトラスト大川さん(当時)のなんて嬉しそうな顔! では、掲載された記事と、写真&キャプションをアップにし、ジックリとご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やったぜ! 新車の300ZXをバラす フルチューンへの道は徹底分解から開始

「え! 本当にバラバラにしちゃうの。もったいない」トラストのMr.大川が驚いた。「でも楽しそうだね。オレ、バラすの好きなんだ。あとは知らないよ」。

新車価格320万円。走行距離わずか370kmのニューカーは、こうして解体への泥沼に沈んでいった。おそらく二度と原型には戻らないだろう。しかし、2代目OPT・Zは最初からギンギンでいくことにしている。フルチューンカーの恐ろしさや、テストの過酷さは初代Zで経験している。このノウハウを生かさねば意味がない。

ボディは軽いほうがいい。300ZXは2シーターでも1325kgある。将来的に大きなハンディになる。レーシングカー的に作るのがベストだ。

「計器類やダッシュボードもいらないの?」ドアの内張りをはいでいると、大川さんはすでに難関とされている計器部分に取りかかった。これを外すのは難しい。「もう配線なんか分かんなくなる。これECCSのフルコンピューター式だから大変」。

しかし、室内はみごと裸になった。この所要時間は約3時間。ついでにフロントノーズ部もはずしてみた。より大型のノーズ一体式スポイラーを作るときの参考になる。

OPT流エンジン降ろしの必殺テクは配線カットなのだ!

問題は新しいV6ターボエンジンの降ろしだ。「たぶん簡単だよ。補器類や配線を付けたまま降ろせそうだから」。ところが、配線の点検になって大川さんの顔にイライラ感が出てくる。

編集時間がないので、ここは決断だ。OPTの度胸(バカさ?)でコンピューターボックスからの配線の束をカットすることに決定。これぞ必殺エンジン降ろしの奥の手なのだ! これでOPT300ZXは一日で分解された。「でも、もったいないね」というのが実感だ。

しかし、ここまでやるとフンギリもつく。ボディはロールケージで強化し、パネルも自作する計画だ。エンジンはターボのブースト圧やマフラーチューンから開始する。ポテンシャルが高いだけに、ワンステップで250km/hオーバーの世界に突入できるかもしれない。これからのチューニング、そしてテストと、オレの胸がワクワクとおどってくるのだ。楽しみだゾ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

見事、火サスのごとくバラバラになったOPT300ZX。やっぱり…これだけ見ると「もったいな〜い!」と思いますよね。トラストのカンブ大川さんもお若いし(○もまだあり!?笑)、大川さんのアシストをしているのは、後にBNR32スーパーチューンド、GReddyRXを生み出す開発部長スリラー平田さん(当時)ではないですか! 今後、このOPT300ZXが歩むあんなことやこんなこと…は、またの機会にご紹介していきますね。ひとつネタばらしをすると…ターザン山田がOPTデビューします!?

[OPTION 1983年12月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索