タイヤまでヨコハマ・タイプDの特注品! OPT300ZX耐久レース仕様、ほとんどがワンオフのパーツはどう作る?・その2【OPTION 1985年3月号より】

タイヤまでヨコハマ・タイプDの特注品! OPT300ZX耐久レース仕様、ほとんどがワンオフのパーツはどう作る?・その2【OPTION 1985年3月号より】

さぁ、いよいよ本格始動したOPTION 300ZX耐久レース参戦! まずは、前回のその1で決意再びをプレイバックしました。今回は肝心のマシン製作計画をプレイバックします!

・・・・・・・・・・・・・・

OPTION 300ZX 富士耐久レース参戦計画
メカニズムを知る 第一段階のノウハウはここだ

1.ボディカウルはまず東名エアロキットでいく

レースでフェアレディ300ZXの姿がまだ表れていないだけに、85年耐久レースのチューニングは難しいところだ。

まずシャシーはノーマルでも十分。ノウハウがまったくなく、ヘタにいじってしまうと後々困ってしまうからだ。ただ、ボディの軽量化は必要。あのバカでかいボディを見たらわかるように車重は1325kgもある。パワーウエイトレシオが大きく効くレースじゃ、いくらエンジンパワーを上げても無理だ。

そこでカウリングは東名オリジナルを装備する。これは日産50周年記念の輸出用300ZXをモデルに作られたFRP製。フロント/リヤフェンダーにサイドステップ、ボンネット、リヤゲートをFRPで軽量化する。タイヤサイズによってオーバーフェンダー追加もある。そして車重を測りかなりオーバーするようだったら、他のところを軽量化する予定だ。

外観は大人しい感じがするが、第一段階はあくまでもストリート仕様でレースに通用するかどうか、チャレンジだ。

2.エンジンは約400psだが、HKSに全面依頼

ボディ/シャシーに次いで重要視されるのがエンジン。MAXパワーはむろん、耐久性が無ければダメ。全日本1000kmレースでは6時間以上走りっぱなしだからだ。

最高速では289.74km/hというニューZ最高のスピードをマークしたわけだが、問題点がいくつかある。

その第1が、まず熱対策。ターボ装備だとエンジンルーム内の温度は信じられないくらい上昇する。それにインタークーラー等のパイピングなどにより、シビアに煮詰めなければ。

第2が耐久性。目標パワー400psで常時高回転を維持するため、エンジン、タービンなどのトラブルは極力避けたい。その他にもいろんな支障が出てくるが、これらをどう処理していくかが、今後の問題点だ。

3.サスペンションはカヤバ特注で、市販化もある

走る、曲がる、止まるがクルマの基本(レースも)だけに、足まわりは完璧に仕上げたい。300ZXのサスペンションはFストラット、Rセミトレーリングアームだが、よりコーナリングを向上させるために相当強化したいが、リヤのメンバーとの兼ね合いが難しそうだ。それに時間的にも苦しいところ。

ストラット&スプリングはすでにカヤバに発注済みだ。詳細はまだ未定だが、スプリングはノーマルでは径が大きすぎるので、中心径の狭いものになる。ブレーキ関係は日産のオプション品で、16インチ用4ポッドキャリパーの予定だ。ちょっともったいないが、3段階切り替えのショックも取っ払ってしまう。スタビも東名特注のものが装着される。

市販品が出ていないため、ほとんどのパーツが特注となるが。パーツがないためチューニングをあきらめていた人には喜んでもらいたい。なぜなら今後、テストを重ねて市販品としてフィードバックする予定だからだ。

4.室内装備は安全規定に合わせる

室内に関しては、まずシートの軽量化と身体のサポートを向上させるため、東名オリジナルバケットが付けられる。これはその後発売される(価格は未定)。インパネ部も作り変える。メーター類がノーマルなので、より精密な計器類に変更される。

それと、ドライバーの安全において重要なのがロールバーだ。国内レース規定では今のでも十分通るが、なんといっても300ZXはIMSA仕様!なので、よりドライバーの安全性が要求される。リヤの4点式はそのままで、フロントは大幅に付け加えられる。

リヤには当然、安全タンクが積まれるが、今年のレギュレーションの関係で、正式に何リッターになるかは未定。しかし、120Lぐらいのは積まれそうだ。むろん、耐久レースに義務付けられる燃料メーターも付く。

5.タイヤはアドバン・タイプDのスペシャルだ

タイヤもサーキットで長時間走るとなると信頼性が一番だ。もちろん、スリックタイヤがベストだが、ストリート仕様からかけ離れてしまう。そこで、ヨコハマタイヤに特別に製作してもらうことにした。

パターンはタイプDに似ているが、中身は急激なコーナリングやブレーキングに耐えるように特殊はコンパウンドだ。サイズは205/55、225/50、245/50-16。もしかしたらこの245サイズもテストいかんでは国内販売する可能性大。

これに組み合わせるホイールは、東名TURBOホイール。左右非対称のエアフローイング形で、強度・剛性・重量・冷却などはJSSレースにおいてシルビアターボで実証済みだ。サイズはフロントに9J、リヤ10J!

6.マシンはIMSA・GTX仕様だ

300ZXのホモロゲーションは、グループBで申請してある。しかし、より性能を生かすためにアメリカIMSA仕様に合わせて作られる。富士の耐久がIMSAもOKだからだ。エンジン・ボディなどは改造がほぼ自由だが、室内の規定についてはかなり厳しい。

そのひとつがロールケージ。これはドライバーの安全を重視して、蜘蛛の巣?のように張り巡らされる。それと、ドライバー側にはキャッチネットが義務付けられている。出場クラス的には、IMSAのGTXで、富士ではCクラスになる予定だ。

・・・・・・・・・・・・・・

300ZXの仕様がなんとな〜く見えてきましたね。ホント、どーなることやら…今から38年も前のハナシですが、ワクワクよりドキドキハラハラしてしまうのは私だけでしょうか(汗)。次回その3では、HKSにエンジンの仕様を聞いてみました編です。

[OPTION 1985年3月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索