米独伊日がタッグを組んだ!? キャラウェイ・コルベットが賞金総額1億円の鈴鹿10H耐久へ参戦!

米独伊日がタッグを組んだ!? キャラウェイ・コルベットが賞金総額1億円の鈴鹿10H耐久へ参戦!

ドイツに本拠地を置くキャラウェイ・コンペティションといえば、アメ車のレーシングカー大好き! シボレーを過激にチューニングすることで有名ですね。

中でも話題の「コルベットC7 GT3-R」は2017年にホッケンハイムで披露され、2017年ADAC GTマスターズではシリーズチャンピオンを獲得しました。また、2018年は北米のPWCピレリワールドチャレンジへも参戦しています。

そんなコルベット・スペシャリストのキャラウェイ・コンペティションが、2018年8月24〜26日に鈴鹿サーキットで行われる「第47回サマーエンデュランス・鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10H)」への参戦を表明しました。

パートナーは日本国内外の希少車を扱うディーラー「株式会社エフジェイ/ビンゴスポーツ」。そう、東京オートサロン2018で1990年ル・マン24Hレースに参戦した「NISSAN R90CK」が1億9030万円、BNR34スカイライン GT-R V-SPEC II NURが3520万円という落札価格だったりした、あのBHオークションも行っている会社です。

また、鈴鹿10Hのドライバーは、ビンゴスポーツ代表でPCCJ(ポルシェ・カレラ・カップ・ジャパン)の2017チャンピオンの武井真司さんと、同じくPCCJやFIA-F4などで活躍する上村優太さん、他1名。

ビンゴスポーツがキャラウェイ・コンペティションと組んで、鈴鹿10Hに挑戦するきっかけとなったのは、イタリアの高級ブランド「BVLGARI(ブルガリ)」の創業ファミリーのひとり、ニコラ・ブルガリさんと出会ったこと。彼はアメ車のエンスージアストとしても有名で、アメ車の価値を伝え、自動車文化にも精通している方。そんなブルガリさんの活動にビンゴスポーツの武井さんが共感し、この鈴鹿10H参戦へと繋がっていったのです。

この鈴鹿10Hは、スーパーGT300クラスで活躍するFIA-GT3マシンやJAF-GTマシンなどが参戦し、「GT3カー世界一決定戦」として2018年に初開催されるもの。賞金総額1億円!という、太っ腹なレースです。

参戦チーム名は「Callaway Competition with BINGO RACING」。強力なメインスポンサーにFUJIMAKI GROUP(株式会社F&Cホールディングス)を迎え、「アメ車のコルベット」「ドイツのレーシングワークス」「イタリアの高級ブランド」「日本のドライバー&スポンサー」という『米独伊日』のタッグチームが、真夏の鈴鹿10Hを激走します。

(クリッカー編集部)

【関連サイト】

第47回サマーエンデュランス・鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10H)
http://www.suzukacircuit.jp/10h/special/03.html

ビンゴスポーツ
http://www.bingosports.co.jp/


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索