【SUPER GT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開。

【SUPER GT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開。

8月4〜5日に富士スピードウェイで開催された「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 5 FUJI GT 500mile RACE」。500マイルとはすなわち800km。鈴鹿1000kmが昨年で終了し、今年からSUPER GTで最も長距離なレースがこの富士500マイルとなり、富士スピードウェイを177周も走ります。

すでにお伝えの通り、ポールポジションは25号車HOPPY 86 MC。続く2番手は55号車ARTA BMW M6 GT3。ともにウェイトハンデを52kgも搭載しながらこの位置でレースをスタートするというのは驚きです。

決勝レースもこの2チームが軸になるのでは?という予想もあり、スターティンググリッドでのグリッドウォークでも大きく注目されていました。

午後1時30分、静岡県警の白バイとパトカーが先導するパレードに続き、フォーメーションラップの後、SUPER GTでは初めての500マイルレースがスタート。

GT300の上位陣はほぼ入れ替わることなく第1コーナーであるTGRコーナーを通り過ぎていきます。しかし8周目、TGRコーナーでARTA BMW M6 GT3がHOPPY 86 MCをかわしてトップに浮上!そのままドンドンと差を広げていきます。

この500マイルレースはドライバー交代を伴うピット義務が4回となりますが、300kmフォーマットのSUPER GTで1回、500kmで2回ということを考えると給油やタイヤなどは3回のピットインで足りてしまう計算。

そこでピットでの渋滞などを避けるためにレース開始早々に1回目のピットインを済ませてしまおうというチームが現れます。88 号車マネパ ランボルギーニ GT3、96 号車K-tunes RC F GT3、60 号車SYNTIUM LMcorsa RC F GT3は1周目が終わってすぐにピットイン。7号車D’station Porscheは6周目、65号車LEON CVSTOS AMGも8周目と、かなり序盤でのピットインをしています。

ピットインといえばタイヤ交換もタイムを短縮する上では重要なファクターとなります。毎回四輪全てを変えるチーム、毎回後輪は交換して、前輪は1回おきのチームなど作戦は様々。変り種はHOPPY 86 MCで毎回三輪交換とし後輪は毎回、そして前輪は1回目は右、2回目は左といった具合にタイヤ交換をしていったのです。

500マイル=800kmのレースとなると、それだけトラブルも多くなって行きます。序盤13周目で30号車TOYOTA PRIUS apr GTが他車と接触によりフロントにダメージを負ってリタイヤ、そして20周目のレクサスコーナーでは61号車SUBARU BRZ R&D SPORTも止まってしまうなど、リタイアは6台にも及びます。

133周目に上位のマシンが4回目のピットインを終えると、トップはほぼ独走態勢のARTA BMW M6 GT3。序盤にHOPPY 86 MCを抜いてトップに立ってから一度も順位を入れ替えることなくトップをキープ。

そして4時間40分に及ぶ800kmの道のりを経て堂々の優勝を飾りました。

2位は、予選5番手から着実に一歩ずつ順位を上げてきたグッドスマイル 初音ミク AMG。全戦でポイントを重ねながらも、実は今季初表彰台。2連覇に向けてここからが踏ん張りどころです。

 

3位には31号車TOYOTA PRIUS apr GT、4位にはLEON CVSTOS AMGと続きます。この4位まで、グッドスマイル 初音ミク AMGを除いて全てブリジストンタイヤ。5月の富士でもBSが圧勝。富士ではBSのタイヤが圧倒的に強いようです。

そんな富士500マイルレースを制したARTA BMW M6 GT3。高木真一選手はこの優勝でGT300クラス20勝となり、優勝記録をまたもや更新。そして高木選手とショーン.ウォーキンショー選手のコンビでは同一コンビによる同一サーキット3連勝というSUPER GTでの新記録も打ち立てています。

真夏の耐久ともいえるSUPER GT最長の500マイルレース。最長のレースに相応しくポイントもボーナスポイントがつき、優勝は25ポイントとなりARTA BMWM6 GT3がポイントランキングの首位となりました。そこに続くのは3位に入った31号車TOYOTA PRIUS apr GT。

今回2位になったことによりチャンピオン争いに加わることが出来るようになったグッドスマイル 初音ミク AMG。今後のチャンピオン争いにも注目が集まります。

次戦は9月15〜16日にスポーツランドSUGOで開催の「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 6 SUGO GT 300km RACE」。魔物が出ると噂のSUGOではどんなドラマが繰り広げられるのでしょうか?

(写真:吉見幸夫 文:松永和浩)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索