【東京オートサロン2017】Blowの「Route Rider」は、1950年代のフォードCOEがモチーフ

【東京オートサロン2017】Blowの「Route Rider」は、1950年代のフォードCOEがモチーフ

神奈川県相模原市のBlow(ブロー)は、スズキ・ラパンやホンダ・バモスなどのキットカーなど、愛らしくユニークなコンプリートカーで知られています。

ワンオフのFRP製パーツをはじめ、カスタムから旧車のレプリカパーツ作成まで高い技術できめ細かなオーダーに対応。

img_4185

クリッパーをベースに仕立てられた「RouteRider」は、1950年代のフォードCOEがモチーフ。ずんぐりしたフォルムをコンパクトなボディで再現。フロントグリルまわりはデフォルメされていて、古くて新しいカスタムを提案しています。

img_4191 img_4193

フロントフェイスキットやリヤキット、前後バンパー、各種マーカーなどからなる「C.O.E RIDER」のフルキットをはじめ、MOON EYES(ムーンアイズ)の「SWAN NECK MIRROR」で架装され、オレンジ&ブラックのカラーリングにより外観を際立たせています。ホイールはクリムソン「DEAN CROSS COUNTRY(15×4.5+43)」、スプリングはRS Rの「SUPER DOWN DA 17」を装着。

img_4201 img_4199

暖色系の暖かな雰囲気のインテリアは「BLOWオリジナルシートカバー」、「BLOWオリジナルフロアマット」に加え、ウッディな荷室は「リヤ周りパネルウッドキット」によるもの。

普段使いはもちろん、ルート用のバン、車中泊まで楽しく使える「Route Rider」のほか、「Blow」には「Boogie Rider」や「Slow Rider」などバラエティに富んだコンプリートカーが揃っています。

img_4191 img_4203 img_4201 img_4193 img_4185 img_4199 img_4197

(文/写真 塚田勝弘)

関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索