燃費性能でライバルを超える!? ホンダ・CR-Vに2モーターハイブリッドを新設定【上海モーターショー2017】

燃費性能でライバルを超える!?  ホンダ・CR-Vに2モーターハイブリッドを新設定【上海モーターショー2017】

上海モーターショー2017で、ホンダがクロスオーバーSUVモデル「CR-V」にハイブリッド仕様を設定することを発表しています。

ヴェゼルなどに採用されている1モーター+DCTによる「i-DCD」と、オデッセイなどに使う2モーターの「i-MMD」と、実用ハイブリッドに選択肢を持つホンダですが、CR-Vに採用されたのは後者。燃費性能に優れた「i-MMD」でした。

ハイブリッドカーの燃費性能ではトヨタがリードしているイメージもありますが、少なくともカタログ性能において、トップランナーといえるのはホンダのi-MMDです。実際、Dセグメントセダン、Lクラスミニバンのハイブリッド同士で比較すると、そのアドバンテージは一目瞭然です。

●Dセグメント・セダン
トヨタ・カムリ:23.4~25.4km/L
ホンダ・アコード:30.0〜31.6km/L

●Lクラス・ミニバン
トヨタ・エスティマ(4WD):18.0km/L
ホンダ・オデッセイ(FWD):24.4〜26.0km/L

ミニバンの比較については駆動方式が異なりますし、いずれもエンジン排気量はホンダ小さくなっていますが、ホンダのi-MMDハイブリッドが持つ燃費面でのアドバンテージは明確に感じられます。

上海モーターショーで発表されたCR-Vハイブリッドについて燃費性能は公式にアナウンスされていませんが、重量や空気抵抗からするとアコードとオデッセイの中間的な燃費性能が予想されます。

このクラスで、25km/L以上の燃費性能であれば、日本市場でもおおいに支持されるのではないでしょうか。

※ハイブリッドシステムの画像はホンダ・アコードのものです。

(山本晋也)

関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索