2輪、4輪、飛行機も! タイムトラベルを目の前で見よう!!【ツインリンクもてぎ20thアニバーサリーデイ ツインリンクもてぎ2&4レース】

2輪、4輪、飛行機も! タイムトラベルを目の前で見よう!!【ツインリンクもてぎ20thアニバーサリーデイ ツインリンクもてぎ2&4レース】

2017年8月19日(土)、20日(日)に「ツインリンクもてぎ20thアニバーサリーデイ ツインリンクもてぎ2&4レース」が開催されます。

「2&4レース」はMFJ全日本ロード選手権第6戦JSB1000クラス(2輪)と全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦(4輪)と国内最高峰のレースを両方見ることができる、モータースポーツファンにとってたまらないイベント。

レースだけでも贅沢ですが、今年の「2&4レース」はツインリンクもてぎ開業20周年を記念したイベントが盛りだくさんなんです! なかでも特に見逃せない、注目イベントはというと・・・。

まずは、8月20日(日)に開催される「タイムトラベルレース」。ツインリンクもてぎの歴史を彩ったSUPER GT・JGTC(全日本GT選手権)の3メーカーのチャンピオンマシン、さらにロードレース世界選手権であるWGP、MotoGPを席巻したHondaの歴代チャンピオンマシンが集結します。

一体どのような歴代マシン達が登場するのか、参加マシンとドライバーをどどーんと紹介しちゃいます!

■2000年JGTC GT500チャンピオンマシン Castrol 無限 NSX (ドライバー:道上龍選手)

1996年JGTCに参戦を開始。初年度の1994年以来スカイライン、マクラーレン、トヨタ・スープラなどがタイトルを獲得してきましたが、NSXは1998年初優勝を記録すると、その後もトップ争いを続け2000年に念願のチャンピオンを獲得しました。

■2008年SUPER GT GT500チャンピオンマシン XANAVI NISMO GT-R (ドライバー:本山哲選手)

2007年までフェアレディZで参戦したニッサン勢は、2008年にマシンをNISSAN GT-Rにスイッチ。NISMOは本山選手とブノワ・トレルイエ選手のコンビで開幕から2連勝し、全9戦中3勝の活躍をみせ、 見事ドライバーズチャンピオンを獲得しました。

■2013年SUPER GT GT500チャンピオンマシン ZENT CERUMO SC430 (担当ドライバー:立川祐路選手)

2006年からレクサスSC430を投入。2011年には立川選手・平手晃平選手ペアで常にチャンピオン争いに絡む強さを見せつけ、2013年レクサスSC430で立川選手は自身3度目のチャンピオンを獲得しました。

■1999年 GP250 Honda NSR250

1986年にデビューした250ccマシンで、ロードレース世界選手権(WGP)や全日本ロードレースなどで数々のチャンピオンを獲得した名車。国内では岡田忠之選手、宇川徹選手、加藤大治郎選手、青山博一選手らがNSR250でタイトルを手にし、世界に進出しました。そして2001年に加藤選手がNSR250で、2009年には青山選手がRS250RWでWGP250ccクラス世界チャンピオン獲得という快挙を成し遂げたのです。

 ■1999年 GP500 Honda NSR500 (担当ライダー:岡田忠之選手)

1984年ロードレース世界選手権(WGP)にデビュー。翌1985年にはフレディ・スペンサー選手が7勝を挙げてチャンピオンを獲得しました。その後も2002年までの19年間で計10回ものチャンピオンに輝いた名車です。

■2002年 MotoGP RC211V (担当ライダー:玉田誠選手)

ロードレース世界選手権の最高峰が2ストローク500ccから4ストローク990ccに変更となった2002年、ホンダはニューマシンRC211Vを投入。全16戦中14勝の活躍をみせました。

■2016年 MotoGP RC213V (担当ライダー:青山博一選手)

RC211V、RC212Vと進化したホンダのMotoGPマシンは、エンジン排気量の上限が1,000ccとなった2012年にRC213Vを投入。ダニ・ペドロサ選手が7勝、ケーシー・ストーナー選手が5勝を記録しマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得しました。 今シーズンもマルク・マルケス選手とペドロサ選手がランキング上位で争っています。

注目イベントは地上だけではありません!上空でも行われるんです!! 8月19日(土)・20日(日)に「空のF1」とも呼ばれている3次元モータースポーツ・シリーズ「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」に初のアジア人パイロットとして2009年から参戦している室屋義秀選手が登場。ツインリンクもてぎ20周年祝賀飛行が決定しました(天候、視界不良、その他の理由により中止となる場合があります)。

室屋選手は現在、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2017年シリーズの2大会で優勝。ワールドチャンピオンシップランキング2位にたっている、世界で活躍中のトップパイロットです。2007年・2008年にツインリンクもてぎで開催していたFAIオートボルテージュアエロバティックス日本グランプリにも参戦していました。

9年ぶりにツインリンクもてぎの空に戻ってくる室屋選手からコメントが届いていますよ。

「当時、国内で行われていたFAIオートボルテージュアエロバティクス世界選手権に参戦できたことは光栄で、パブリックトアワードで1位を頂いたことを鮮明に覚えています。開業20周年を祝うフライトができることを、心から楽しみにしています。」

最新のレースはもちろん、歴代チャンピオンマシン達によるデモレース、そして祝賀飛行まで見れるなんて、本当に贅沢ですよね。まさにツインリンクもてぎ開業20周年、アニバーサリーイヤーならではのスペシャルイベントです。

これはこの夏、一番の思い出になること間違いなし! 8月19日(土)、20日(日)はツインリンクもてぎへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

(yuri)

関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索