WRCの名車を目玉に「クワトロ」押しで攻めた初出展のアウディブース【オートモビル カウンシル 2017】

WRCの名車を目玉に「クワトロ」押しで攻めた初出展のアウディブース【オートモビル カウンシル 2017】

「技術による前進」というフィロソフィーでも知られるアウディ(アウディ ジャパン)は、今回の「オートモビル カウンシル 」が初出展でした。

アウディブースは「quattro(クワトロ)」押しでした。まず目に飛び込んできた「Audi Sport quattro S1」は、1981年から世界ラリー選手権(WRC)に投入された「Audi Rally quattro」 の進化形として1984年から導入されたモデル。

アウディは、この2タイプの競技車両で、1985年までにWRCで23勝を上げるという活躍を見せて、乗用車のスポーツ4WDという新しいカテゴリーを開拓してきました。

なお、今回された「Audi Sport quattro S1」は、WRCで2度のチャンピオンになった伝説のドライバー、ヴァルター ロールが実際に競技でドライブした車両だそうです。さらに、WRCグループBの競技車両のホモロゲ—ション取得のために214台が生産/販売された「Audi Sport quattro」と、「Ur-quattro」や「ビッグクワトロ」の愛称で親しまれている初代「Audi quattro」も合わせて出展。

「Audi quattro」や「Audi Sport quattro 」には、アウディ独自の5気筒ターボエンジンが搭載されましたが、5気筒エンジンの伝統は、現在の「Audi RS 3」や「Audi TT RS」に引き継がれています。

また、新型の「Audi RS 5 Coupe」もジャパンプレミアを飾っています。搭載されるエンジンは、新開発の2.9L V6 ツインターボエンジンで、最高出力は450ps、最大トルクは先代比170Nmアップの600Nmを発揮。8 速ティプトロニックとquattro フルタイム4WDシステムを組み合わせることにより、ハイパワーを確実に路面に伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現しているそうです。

0-100km/h加速は3.9 秒、最高速度は280km/hに達しながら、アウディ独自の燃焼方式でアトキンソンの一種である「Bサイクル」を採用することで、NEDC(新欧州ドライビングサイクル)で100km走行あたり8.7L(11.5km/L)の低燃費を実現します。

また、サスペンションは前後ともに5リンク式が採用され、スポーティな走りと軽快なハンドリング、そして快適性も大幅に向上させたとのこと。さらに、DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)付スポーツサスペンションプラスや、状況に応じて走行特性を調整可能とするアウディドライブセレクトも標準装備されます。

(文/塚田勝弘、写真/塚田勝弘、アウディ)

関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索