EVモデルも登場!? メルセデス・ベンツ GLA次期型は流行のクーペスタイルに

EVモデルも登場!? メルセデス・ベンツ GLA次期型は流行のクーペスタイルに

メルセデスベンツの最小クロスオーバーSUV『GLA』次期型プロトタイプを、擬装の軽い状態でカメラが捉えました。

現行モデルと比較すると、薄型になったヘッドライト&テールライトが確認出来るほか、リアウィンドウは寝かされ、流行のクーペスタイルであることも分かります。

「Aクラス」次期型と共有する「MFA2」プラットフォームを採用するボディは、ホイールベースを延長、トレッドも拡大され後席居住空間も向上すると見られます。

パワートレインは9速DCTと組み合わされる2リットル直列4気筒エンジンおよびプラグインハイブリッドのラインナップとなりそうですが、遅れて完全EVモデルが投入される可能性もあるようです。現在、航続距離400km〜500km程度を目指し、開発中との情報が入っています。

安全技術では「レーダーセーフティー」が大幅に進化、ステアリングアシスト機能や自動ブレーキの向上がなされ、室内では「デュアル・デジタルスクリーン」の採用による豪華装備に期待したいです。

メルセデスベンツは、今後8年間に8台のFFコンパクトモデルの新型を計画しており、「GLA」次期型は2019年にも市場に投入されると予想されます。

(APOLLO)

関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索