「美し過ぎるセダン」アルファロメオの新生ジュリア、9月6日に日本デビュー!

「美し過ぎるセダン」アルファロメオの新生ジュリア、9月6日に日本デビュー!

ジュネーブモーターショー16でワールドプレミアされたアルファロメオのスポーツセダン「ジュリア」。

同車は1962年に誕生、15年間に渡って生産されたアルファロメオの名車で、小型軽量な車体にスポーティなDOHCエンジンを搭載した高性能セダンとして人気を博していました。

その後、約40年の時が流れ、ジュネーブモーターショーで生粋のスポーツセダンを目指して開発された新生「ジュリア」が登場。4WDの「クアドリフォリオ」を頂点に、「スーパー」、ベースモデルの「ジュリア」の3グレードがワールドプレミアされています。

「スーパー」、「ジュリア」グレードはFR仕様となっており、8速ATを採用。

オールアルミ製の2.0L直4ツインスクロール・ターボエンジンを搭載しており、燃費、排出ガス性能を向上させるマルチエア技術を採用。最高出力200ps/5,000rpm、最大トルク33.7kgm/1,750rpmを発生します。

一方、トップグレードの「クアドリフォリオ」は、フェラーリ出身のエンジニアによりチューンされた510ps/61.2kgmを発生する2.9L V6ツインターボエンジンが搭載され、車体各部にカーボンやアルミなどの軽量部材を採用。0-100km/h加速3.9秒、最高速307km/hの高性能を誇ります。

そうしたなか、8月8日にはFCAジャパンが「ジュリア」の日本導入を9月6日に正式発表するとWebサイトで予告しており、初代モデルの生産完了後40年ぶりに復活を遂げた同車の発売が迫っていることが判明しました。

その洗練された美しいボディはアルファロメオFANのみならず、多くのクルマ好きを魅了しそうで、全貌の公開が大いに待たれます。

(Avanti Yasunori・画像:Alfaromeo)

関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索