設計変更の大容量駆動用バッテリーが変えた、新型プリウスのスタイルと性能とは!?

設計変更の大容量駆動用バッテリーが変えた、新型プリウスのスタイルと性能とは!?

2代目となる新型プリウスPHV開発責任者・豊島CE(チーフエンジニア)は現行プリウスの開発陣も率い、両車を世に送り出しました。着任は初代プリウスPHVの発売直前で、営業活動にも積極的に参加したこと。その中で「初代プリウスPHVはEV走行距離が短く、プリウスとデザインが同じで、違いが分かりにくい」という弱点を実感したそうです。

ただ新型でも当初の企画は、小さい駆動用バッテリーでデュアルモーターもない従来路線の踏襲に近かったようで、開発途中で大掛かりな設計変更を敢行。近場では一切エンジンを使わずに済むように、EV走行距離で60km以上という目標を設定して、大容量駆動用バッテリーの搭載へ向けて大きく開発の舵を切ったのです。

新型プリウスPHVでは、低重心が売りの新プラットホーム「TNGA」を採用。しかしながら現行プリウスと共有するため、大容量駆動用バッテリーを低位置に収めることができず、荷室スペースに配置せざるを得ないのは実に残念なところ。またリア重量が増加して重心も上がるため、リアゲートの軽量化が大きな課題となりました。

そこでゲート骨格にカーボンを採用して軽量化を施すとともに、造型の自由度を活かしてダブルバブルウィンドウを実現。ちなみにリアゲートの製造が原因で、トヨタらしからぬ発売延期になりましたから、製造難易度の高さが伺えるところです。

スタイルも、駆動用バッテリーの衝突安全確保のためにリアオーバーハングを延伸した結果、伸びやかなプロポーションが実現。フロントマスクも燃料電池車のミライと現行プリウスの良いところを併せ持ったような専用デザインを採用して、プリウス以上の車格感を表現しています。

先代プリウスPHVの駆動用バッテリーへの充電機能はAC200Vのプラグインと回生だけでしたが、新型ではバッテリーの大容量化に伴い、急速DCとAC100V充電、エンジンからの充電に加えて、ソーラー充電システムにも対応。更に外部への給電機能も追加して、便利なEV機能が盛り沢山となっています。

(星崎 俊浩)

関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索