三菱自動車が東京モーターショー17でSUV版の「ランエボ EV」を 公開か?

三菱自動車が東京モーターショー17でSUV版の「ランエボ EV」を 公開か?

2017年度の第1四半期決算(4‐6月)で黒字転換を果たした三菱自動車。

6月に開催された同社株主総会では益子社長が「業績がV字回復した暁にはランエボの開発に再挑戦したい」と述べるなど、信頼復活に向けた商品戦略を通して、徐々に以前の存在感を取り戻しつつあります。

ルノー・日産アライアンス入りした三菱自には、新6カ年計画「アライアンス2022」への貢献として、EV専用の共通プラットフォームの実用化(〜2020年)や、新たな駆動用モーター、バッテリーの開発、2022年を目処としたPHV技術のアライアンス内展開が期待されているそうです。

SUVとEVの開発に重点を置く同社は、昨年3月のジュネーブショーでコンセプトSUV「eX Concept」を公開以降、今年に入り、日米欧豪向けのコンパクトSUV「エクリプス クロス」や、東南アジア向けのクロスオーバーMPV「エクスパンダー」を立て続けに発表しています。

そして今回、三菱自は東京モーターショー2017において、自社の新たな成長と発展、今後のクルマづくりの方向性を示唆するコンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」をワールドプレミアすると発表しました。

ネーミングには“独自の進化したEV”という意味を込めているそうで、同社が得意とするEV技術や、四輪制御技術をさらに進化させるとともに、新たにAI技術を搭載したクロスオーバーSUVタイプのEVと説明しています。

公開されたティザー画像からは、後部ピラー廻りを含むサイドビューに前述の「エクスパンダー」風のイメージが見てとれるとともに、同車のネーミングからはSUVに変身した「ランエボの復活」を連想させます。

約1ヶ月後に開幕する今年の東京モーターショーにおいて、三菱自がどのような市販モデルを前提にして「e-EVOLUTION CONCEPT」を公開するのかが大いに注目されます。

(Avanti Yasunori・画像:三菱自動車)

関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索