今年で生誕60年・その初代モデルはまるでスマホだった!? スーパーカブC100【ホンダコレクションホール デモンストレーション走行】

今年で生誕60年・その初代モデルはまるでスマホだった!? スーパーカブC100【ホンダコレクションホール デモンストレーション走行】

ツインリンクもてぎにあるホンダコレクションホールは、開館20周年を記念した新展示を開催するにあたり、ホンダの歴史を語る上で欠かせない車両を走行させる特別イベントを行いました。そこで、数回に分けて実走車両を紹介していきます。

今回紹介するのはスーパーカブC100。スーパーカブといえば今年、日本では最新モデルが発表されて大好評ですが、C100はその初代モデル。登場したのは今から60年前の1958年です。

このスーパーカブC100の登場から2年前の1956年、ホンダ創業者の本田宗一郎氏と専務・藤沢武夫氏はヨーロッパへ視察に旅立ちました。

そこで自転車とバイクの中間にあたるペダル付きスクーター・モペットが流行していることを確認し、この気軽な存在の2輪車には潜在的な大きなニーズがあるとつかみ取りました。

そこでモペットの形態を原型に、独自の17インチ大径タイヤや、スカートやもんぺの人でも乗り降りが簡単にできる低いフレーム、右手一本で運転を可能にする遠心クラッチを採用した変速機構など、アイディアと装備をてんこ盛りで完成させたのがスーパーカブC100だったのです。

ひとつの製品にあらゆる機能を盛り込んでユーザーの心をつかむ。これはまるで今のスマホにも通ずる考え方で、とっても興味深いですね。

●スペック
エンジン:空冷4ストローク単気筒
排気量:49cc
最高出力:4.5ps/9500rpm
最大トルク:0.33kgm/8000rpm

(写真・動画・文/ウナ丼)。


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索