古きよき日本の原風景を体感できる、世界遺産・白川郷(岐阜・富山)【車中泊女子の全国縦断記】

古きよき日本の原風景を体感できる、世界遺産・白川郷(岐阜・富山)【車中泊女子の全国縦断記】

前回の記事【全面開通間近! 白山白川郷ホワイトロードの見どころ】ではお伝えできなかった、白川郷をご紹介します。そこには「日本むかし話」のような、古きよき日本の原風景が広がっていました。

1995年12月にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたのは「白川郷」だけだと思われがちですが、その白川郷(岐阜県大野郡白川村)【荻町(おぎまち)集落】と、五箇山(富山県南砺市)の旧平村【相倉(あいのくら)集落】、旧上平村【菅沼(すがぬま)集落】の3ヶ所になります。ホワイトロードに隣接しているのは、荻町集落です。

荻町集落を見渡せる高台にあるお食事処【城山天守閣】には、展望台が設けられています。こちらの駐車場は無料ですが、お食事や何かしらのお買い物をするお客様専用です。大型車では離合できないくらい道が狭いので、ここへはキャンピングカーではなく軽自動車に乗せて行ってもらいました。観光バスも往来するので注意が必要です。

すぐ近くに【荻町城跡】(荻町城跡展望台)があり、萩町集落から遊歩道で繋がっています。時間と体力に余裕があれば、歩いてみると新たな発見があるかも知れません。

町内への一般(観光)車両の進入は毎日9〜16時まで禁止されていますので、萩町散策には公共駐車場【村営せせらぎ公園駐車場】がもっとも近くて便利です。駐車料金は普通車 1,000円、二輪車 200円です。

駐車場から「であい橋」で庄川を渡れば、そこはもう荻町集落。荻町集落は、世界遺産登録面積の約3分の2を占めています。

五箇山(ごかやま)にある【相倉集落】と【菅沼集落】は、富山県。(※写真がここだけ小さいのは、昔々ケータイカメラで撮ったものだからです。)
白川郷・荻町集落と比べると規模は小さいですが、観光地化していないところが魅力的です。世界文化遺産と言っても、普通に住んでらっしゃるから価値があるんですよね。「復元」などではなく、そこに生活があるからこその風情、情緒にあふれ「生きた風景」を生み出している気がします。

白川郷と五箇山では合掌造りの角度が違う(五箇山の方が急)という特徴もありますので、是非あわせて見に行きたいところです。

■相倉集落駐車場
富山県南砺市相倉611
普通車・軽自動車:500円/小型・中型車:2,000円/大型車:3,000円/二輪車:100円

■菅沼集落駐車場
富山県南砺市菅沼587
普通車・軽自動車:500円/小型・中型車:2,000円/大型車:3,000円/二輪車:100円

道の駅【白川郷】
住所:岐阜県大野郡白川村飯島411
電話:05769-6-1310
駐車:普通車 55台/大型 4台/身障者 3台

お土産屋、お食事処併設。【合掌ミュージアム】(入館無料)では、旧手塚家の合掌造りを移築・展示しています。合掌造りの詳細が分かるので、白川郷へ行く前に見ておくとより関心が深まること間違いなし。道の駅から荻町までは、約2kmです。

白川郷周辺の特産は「どぶろく」と、何と言っても蕎麦。蕎麦の風味が強く、コシもあり食べ応え満点です。

蕎麦好きさんは、日本初の蕎麦資料館【利賀そばの里】(入館料300円)にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。道の駅【白川郷】を起点にして、菅沼集落、相倉集落を経由すると、計約60kmです。

道の駅【白川郷】限定の【かやの実ソフトクリーム】は、ローストして粉末状にした榧(かや)の実が混ぜてあります。かやの実は縄文の昔から食べられてきたナッツで、アーモンドやへ−ゼルナッツに似た香ばしさが美味しさを引き立てます。かやの葉せんべいがトッピングされていて、見た目も可愛いですね。

(松本しう周己)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索