危機感がクルマを鍛える!トヨタが新型「クラウン」に課した使命はユーザー層の「若返り」

危機感がクルマを鍛える!トヨタが新型「クラウン」に課した使命はユーザー層の「若返り」

6月26日(火)デビューを控え、先頃記者試乗会が開催された新型トヨタ「クラウン」。

15代目となる新型では、4輪マルチリンク・サスペンションを採用し、スポーツカーの如くニュルブルクリンクで「足」を鍛えるなど、走りにもかなり力を入れているようです。

開発指揮を執る秋山晃チーフエンジニアは「TNGA」の導入に加え、繊細な感性を持つ日本人向けに「走り味」についても徹底的に造り込んでいる模様。

近年ではクラウンユーザーの高齢化(平均65歳)が顕著となっているそうで、販売台数も1990年(バブル期)の21万台/年をピークに、現在では5万台/年前後と、約1/4程度にまで減少しているといいます。

新車購入時にドイツ車なども視野に入れる40〜50代の新たな顧客層を取り込む必要性が高まっており、クラウンといえども容赦の無い変革が求められている状況。今回のフルモデルチェンジで「走り」に力を入れているのもその表れで、小回り性や、前後ドアの閉まり音の質感向上等にも余念が無いようです。

幸い事前受注は好調に推移(2.0LターボB:460.6万円〜)しているそうで、ヒット間違い無しの状況とか。

これまでの「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」を1本化するなど、今までに無い大胆な戦略をみせる次期クラウンですが、その背景には対応すべき課題への危機感が存在するようです。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索