中国・欧州向けのハイブリッド需要増大で、トヨタがバッテリー生産設備を増強

中国・欧州向けのハイブリッド需要増大で、トヨタがバッテリー生産設備を増強

電動車の生産が世界的に拡大するなか、トヨタ自動車のHV(ハイブリッド車)駆動用バッテリー生産を手がけるPEVE(プライムアースEVエナジー)が、バッテリ−の大幅増産に向けて動いています。

トヨタ自動車傘下の同社は今後のバッテリー需要の急増に備え、宮城工場と大森工場(静岡県 湖西市)におけるリチウムイオン・バッテリーの生産能力向上(宮城 40万台増・大森 10万台増)を予定。湖西市では2020年代前半をめどに、新工場の稼動も目指しているそうです。

PEVEでは本年3月、自社社員に加えてトヨタ自動車社員が半数程度参加する50人規模の「出来高向上プロジェクト」を発足。トヨタ生産方式により効率的に高品質なバッテリーを生産する体制を整えており、日経新聞によると、ニッケル水素バッテリーの生産台数についても年内に140万台から148万台程度に増やす計画とか。

中国や欧州でHVの販売が大きく伸びており、電動化の加速に伴ってHV用バッテリーの生産が追い付かない状況のようで、トヨタ自動車では電動車販売を2030年までに全体の半数となる550万台に拡大する目標を立てているそうですが、現状は152万台程度に留まっている模様。

自動車産業が100年に1度の大変革期を迎える中、「バッテリー」は電動車の要(かなめ)だけに、市場ニーズへの迅速な対応が大きな課題になっているようです。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索