【新車】プジョー5008が6ATから8AT化、電子制御化で得た利点とは?

【新車】プジョー5008が6ATから8AT化、電子制御化で得た利点とは?

3列7人乗りのプジョー・5008が7月19日に一部改良を行ない、プジョー3008などと同様に、新開発の8速ATを2.0Lクリーンディーゼルを搭載する「5008 GT BlueHDi」に採用しました。

広い荷室スペースと輸入SUVではまだ少ない多人数乗車が可能な点が支持され、好調なセールスを続けているプジョー・5008。国産SUVやミニバンのライバルにもなっているとのことで、今回の一部改良でさらなる商品力強化が図られています。

電子制御式になった8ATの「EAT8」は、単に6速にギヤを2つ追加するのではなく、コンポーネントの多くが新設計になっています。

さらに、8速化による車両重量の増加を防ぐため軽量化が施され、ギヤの小型化、オイルポンプ外径の小径化、トランスミッションケースの小型化により全長は6速と変わらず、容積は逆に小さくなっているそう。シフトバイワイヤーも軽量化に寄与し、 車重は6速シフトタイプと同等レベルになっています。

電子シフト化により、シフトレバー自体のデザインやコックピット設計の自由度に貢献しているだけでなく、とくにスロープ上でギヤポジションを変える際の振動を最小化。

アイドリングストップ機能は、ブレーキ圧に応じて完全停止前から作動し、エンジン再始動は、「EAT6」よりもさらにクイックでスムーズになっています。

ほかにも、上級装備をまとめたオプションで、税込み30万円のファーストクラスパッケージ(電動シート、シートヒーター、マルチポイントランバーサポート、パークアシスト、パノラミックサンルーフ)が新たに用意されています。

価格は、8速化での価格アップを4万円に抑え、「5008 GT BlueHDi」は4,730,000円。なお、1.6L直列4気筒ターボを積む「5008 Allure」は6ATで、価格は4,040,000円です。

(塚田勝弘)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索