【ホンダ・S660 モデューロX試乗】コンプリートカーならではの完成度の高さ。悪条件下でも安定した走りを披露

【ホンダ・S660 モデューロX試乗】コンプリートカーならではの完成度の高さ。悪条件下でも安定した走りを披露

現行で販売されるミッドシップスポーツとしては世界最小となるモデルがホンダのS660です。軽自動車規格に収まるサイズのボディのリヤミッドに660ccエンジンを搭載、フルオープンとなる2シーターは圧倒的な存在感を放つモデルとして認識され、「軽自動車に乗る」のではなく「S660に乗る」という特別な気持ちになれるクルマです。

スタンダード状態でも十分にスポーティな走りができるS660ですが、ホンダの純正アクセサリーを担当するホンダアクセスがコンプリートカーとして仕上げる「モデューロX」シリーズの第5弾として、ファインチューニングが施されたモデルが登場しました。

モデューロXのすごいところは、ホンダのテストコースを使いながら開発が進められることです。これにより、アフターマーケットのチューニングメーカーではまず不可能と思われる高いレベルでのチューニングが行われているのです。

テストの拠点となったのは、北海道にある鷹栖試験場。さまざまなタイプのコースが用意されているこの鷹栖試験場に、シャシー担当だけでなく、エアロパーツのデザイナーなども詰めて総合的な開発を行ったといいます。コース内でのテストだけではなく、北海道のワインディングも走り込んでのクルマ作りを行ったといいます。

装着されたパーツは以下のとおりです

【エクステリア】
・グリル一体型専用フロントバンパー
・専用LEDフォグライト
・専用カラードドアミラー(ブラック)
・ロールトップ(ボルドーレッド)
・専用アクティブスポイラー(ガーニーフラップ付)
・リアロアバンパー
・専用リアエンブレム
・15インチ アルミホイール(フロント)〈ステルスブラック塗装〉
・16インチ アルミホイール(リア)〈ステルスブラック塗装〉
・アルミホイール用ホイールナット(ブラック)
・専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付)
・ディスクローター ドリルドタイプ
・スポーツブレーキパッド

【インテリア】
・専用スポーツレザーシート(本革×ラックス スェード/ボルドーレッド×ブラック/Modulo Xロゴ入り)
・専用本革巻ステアリングホイール(ボルドーレッド×ブラック)
・専用Modulo Xロゴ入りメーター
・専用Modulo Xロゴ入りアルミ製コンソールプレート
・シフトノブ(チタン製)×シフトブーツ〈グレーステッチ〉(6MT)
・専用セレクトノブ(本革製/ボルドーレッド×ブラック)(CVT)
・専用サイドブレーキカバー(ボルドーレッド×ブラック)
・専用インパネソフトパッド(ボルドーレッド)
・専用フロアカーペットマット(デザインタイプ/ボルドーレッド×ブラック/Modulo Xアルミ製エンブレム付)

基本的にはハンドリングを向上することを目的にしたシャシーチューニングで、動力性能に影響を及ぼすエンジンや駆動系、伝達系の変更は行われていません。

ノーマル状態のS660は空力バランスの関係で少し前のめりの姿勢で走っているということで、これをエアロチューンによって前後のリフト量を均等に近づけて前後タイヤの接地を均一にするようにしています。

  

さらに、コーナリング時のフロントフェンダーまわりの整流も行い、安定性を高めるセッティングとなっています。ショックアブソーバーは5段階調整式、剛性バランスを向上したアルミホイール、スポーツブレーキパッド&ドリルドディスクローターなどが装着されています。

試乗時は箱根をベースに行われましたが、当日は雨が強く、また霧も発生するという最悪の条件でしたが、逆にこのような悪条件でありながらもミッドシップのS660が何の不安感もなくドライビングできることにびっくりです。ノーマルのS660もミッドシップモデルとしてはかなり高い安定感を備えているモデルですが、モデューロXの安定感はかなり上をいくものです。

安定感が高いといってもアンダーステア指向を強めているわけではなく、ステアリングを切ったなりに曲がっていくニュートラルステアを極めた印象です。微少舵角に対しても敏感にクルマが反応し、機敏な動きを示すモデューロXですが、コーナーに向かってステアリングを切っていくとスッと向きを変えながら暴れることなくクリッピングに向かいます。敏感さと安定感を合わせ持つのは軽自動車っぽくない印象です。

ショックアブソーバーは3段目に合わせてあったのですが、乗った際の硬さはとくにありませんでした。もっとも柔らかい状態にセットされたモデルも少し乗ったのですが、そちらは動きに不安定さがありまとまった感じがありません。乗り心地という面はやはり柔らかいほうがいいのですが、クルマの動きに正確さがなくなり気を遣う場面もあり、柔らかいからといってコンフォートさが増える訳ではありませんでした。

試乗時のセットがもっともよく、正確なハンドリングを披露してくれました。ただ、何もせずにヒュンヒュン走ってしまうので、面白みには少し欠ける感じです。運転を楽しむなら、少し硬めにしてピーキーにしたほうがいいかもしれません。ただし、ミッドシップの挙動は唐突なので、ドライビングには注意が必要です。

ノーマルのS660を買って、このセットをオプションで組もうとするとパーツ代+工賃で110万円をオーバーするといいますが、コンプリートカーの場合は+66万4000円の価格設定となっています。コンプリートカーのメリットはなんと言ってもコストパフォーマンスの良さです。+66万4000円を超える価値は十分に感じられました。

(文:諸星陽一・写真:冨士井明史)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索