独占写真入手!ホンダ・アーバンEVの市販型プロトタイプを初スクープ

独占写真入手!ホンダ・アーバンEVの市販型プロトタイプを初スクープ

■ホンダ・アーバンEVを初スクープ

・ボンネットには充電ポートらしきものが

ホンダが2017年に発表した次世代コンパクト電気自動車「アーバンEVコンセプト」の市販型プロトタイプが出現。クリッカーでは独占写真を入手しました。

キャッチしたテスト車両はフルカモフラージュされていますが、コンセプトモデルから継承されるデザイン、進化したスタイルが見てとれます。

継承されるのは、そのレトロスタイルです。ボンネットに充電ポートを備えるほか、同ブランド「シティ」や「N360」を彷彿させる丸眼ヘッドライト、可愛らしいボディシルエットが継承されています。

一転進化しているのは、2ドア・4シーターから4ドア・5シーターとなっている点や、前部にドアノブがあるスーサイドドアから通常のものに変更されている点です。

リアドアには「Cピラーマウントドアハンドル」が採用されています。さらに、テールライトがスクエアから円形に変更。フロント&リアともLEDが採用されているほか、リアビューカメラやデジタルミラーも装備されています。

・航続距離は250〜300km程度か?

鮮明ではないもののキャビン内も撮影に成功しました。巨大なデジタル・ワイドディスプレイを備えるコックピットを備えているように見え、AI(人工知能)技術を用いた「ホンダ・オートメーテッド・ネットワーク・アシスタント」の搭載も期待できます。

パワーユニットの詳細は不明ですが、高密度軽量バッテリーパックを搭載し、後続距離は250kmから300km程度が予想されます。

ホンダは、欧州での受注を2019年初頭から開始することを発表しており、同年後半には欧州市場で発売が予定されています。市販型のワールドプレミアは、2019年3月のジュネーブモータショーが有力です。

(APOLLO)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索