【新車】ジャガー・Fタイプが2020年モデルにスイッチ。限定グレードの「CHEQUERED FLAG EDITION」も追加

【新車】ジャガー・Fタイプが2020年モデルにスイッチ。限定グレードの「CHEQUERED FLAG EDITION」も追加

●組み合わせは全32種。多彩なエンジンとミッションを選択できるジャガー・Fタイプ

ジャガー・Fタイプの2020年モデルの受注が2019年7月19日から開始されました。2020年モデルは、力強いフォルムや流線型の美しいプロポーションに、印象的な「Jブレード」デザインのLEDシグネチャーライトが搭載された特徴的なデザインになっています。

2020年モデルのFタイプ外観

装備では、フロントパーキングエイドやリヤビューカメラが標準装備され、ドライバー支援システムが充実されたほか、車載インフォテインメントシステムでは、「Apple CarPlay」「Android Auto」対応になりました。

さらに、2020年モデル限定グレードとして「CHEQUERED FLAG EDITION(チェッカーフラッグ・エディション)」を追加。「勝者」を示唆する言葉としても用いられる「CHEQUERED FLAG」を冠した特別装備として、ボディのフロントグリルとリヤバンパーにCHEQUERED FLAGバッジがつき、さらにステアリングホイールとヘッドレストにもCHEQUERED FLAGロゴが配されています。

CHEQUERED FLAG EDITION
専用エンブレム

ほかにも、20インチのグロスブラックフィニッシュ・ダイヤモンドチューンド・ホイールにはレッドブレーキ・キャリパーを、インテリアもウィンザーレザーシートにレッド・シートベルトが組み合わされていて、内・外装ともにコントラストが際立っています。また、ボディカラーに、「アイガーグレー」と「ポルトフィーノブルー」が追加され、全12色から選択可能。

20インチのグロスブラックフィニッシュ・ダイヤモンドチューンド・ホイール

エンジンは、最高出力221kW/300PS・最大トルク400Nmから、最高出力423kW/575PS・最大トルク700Nmまでの全5タイプのエンジンを用意。クーペもしくはコンバーチブルのボディタイプ、トランスミッション(ATもしくはMT)、駆動方式(RWDもしくはAWD)を、それぞれ組み合わせた全32機種がラインアップされています。

Fタイプ2020年モデルのクーペ仕様のリヤビュー

価格帯は、直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(2.0L 300PS)を積む仕様が8,120,000円〜11,920,000円。V型6気筒ガソリンエンジン(3.0L 340PS)は、9,900,000円〜13,700,000円。V型6気筒ガソリンエンジン(3.0L 380PS)は、10,710,000円〜15,590,000円。V型8気筒ガソリンエンジン(5.0L 550PS)は、15,210,000円〜16,860,000 円。V8 ガソリンエンジン(5.0L 575PS)は、18,380,000円〜20,030,000円です。

(塚田勝弘)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索