■どうせ変えるならいいものを!というノーマルからのリプレイスクラッチ。

東京オートサロン2020の西ホールにブースを構えたクラッチのトップブランドEXEDY。

EXEDYブース
EXEDYブース

SUPER GTや全日本F3、全日本ジムカーナなどで活躍しているイメージからスポーツクラッチ中心のラインナップを想像しがちですが、数多くの自動車メーカーにもクラッチシステムを納入するサプライヤーとして、自動車業界では名を馳せています。

新作クラッチUF-FVO
新作クラッチUF-FVO

そんなEXEDYが東京オートサロン2020に持ち込んだ新作は「UF-EVO」というクラッチシリーズ。交換時期の来たノーマルのクラッチからのリプレイスを狙った商品です。

UF-EVOの説明パネル
UF-EVOの説明パネル

クラッチディスクの素材を見直し、負荷の高い状態での耐摩耗性を飛躍的に向上させ、対応トルクも増大させています。つまり同じトルクなら減りにくいということです。またディスク面の素材をオーガニック素材とすることでメタル系素材に比べてクラッチダストの環境適応も向上させているとのこと。

トラック向けのUF-EVO
トラック向けのUF-EVO

軽自動車向けからスタートするラインナップですが、走行距離の多いトラックなどでは高い耐摩耗性により対応する走行距離を延ばすことができるので結果的には対費用効果もかなり期待できるようです。

UF-EVOのラインナップ
UF-EVOのラインナップ

また純正しか選択肢の無かったクロカン系SUVにも適合し、オフロード走行時の高負荷状態であっても確実に駆動力を伝えて行きます。

UF-EVO
UF-EVO

ノーマルクラッチから交換を前提としているので特殊な付属品が一切必要なく取り付けでき、効果は明らかにノーマルを超えるクラッチディスクのUF-EVO。特に走行距離が長くなりがちなクルマにはお勧めです。

(写真・文:松永和浩)