■ファーストクラスを彷彿させるゴージャスな空間に、2列4人乗りレイアウト

GM傘下のビュイックは、中国市場向けに高級ミニバン「GL8 アベニール」を市販することがわかりました。

ビュイック GL8アベニール_015
ビュイック GL8アベニール

この新型ミニバンは、2019年の上海モーターショーにて同社が初公開した「GL8 アベニール コンセプト」の市販型となります。ビュイックには、すでに「GL8」というミニバンが存在しますが、その超高級バージョンといえます。

ビュイック GL8アベニール_014
ビュイック GL8アベニール

エクステリアでは、スポーティなクロムメッキをアクセントにとり入れた大型グリルに、最先端のマルチLEDヘッドライトを装備。

キャビン内は、ファーストクラスを彷彿させるゴージャスな空間で、2列4人乗りという贅沢なシートレイアウトにヘッドレストスピーカー内蔵シートを配置。コックピットにはデジタルクラスタ、タッチスクリーン、デジタルインストルメントパネルを搭載し、コンシェルジュサービスを受けられます。

後部座席では、リクライニングシートや大型センターコンソールを装備するほか、シャンパングラスに冷蔵庫を完備します。ライバルとなるレクサス初のミニバン「LM300h」同様に、3列6人乗りと3列7人乗りの実用性を重視したモデルもラインアップするようです。

ビュイック GL8アベニール_011
ビュイック GL8アベニール

欧米では日本と異なり、これまで超高級志向のミニバンは存在していませんが、いよいよGMが本気になったといえる1台です。中国富裕層をターゲットに発売されますが、これならミニバン大国日本でも勝算があるかもしれません。

(APOLLO)