■ベースは新型4シリーズ、高性能モデル「440i xDrive」は最高出力382ps

BMWは新型「4シリーズ」ファミリーを開発中ですが、早くもシューティングブレーク設定の噂を入手、デザインを予想しました。

BMW シューティングブレーク_001
BMW シューティングブレーク 予想CG

予想CGを提供してくれたのは、デザイナーのVladimir Panchenko氏です。実用性が高いはずのシューティングブレークですが、同氏は大胆にも2ドアで制作、しかもヘッドルームに影響を与えるクーペスタイルを提案し、「BMW クーペ」と命名されています。

BMW シューティングブレーク_002

また先日発表したばかりのEVモデル「i4コンセプト」は、フロントバンパー下部まで伸びる大型キドニーグリルを装備していましたが、あえて通常サイズにしているほか、i4と似たLEDデイタイムランニングライト、アグレッシブなコーナーエアインテーク、電子ミラー、スポーティなクーペルーフを特徴としています。

4シリーズ次期型のパワートレインは、エントリーモデルに1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、上位モデルには最高出力258psを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンほか、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンなどのラインアップが予想されます。

BMW シューティングブレーク_003

さらに高性能モデル「440i xDrive」には最高出力382ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンを搭載。頂点に君臨する「M4」は「M3セダン」と共有する同社の3.0リットル直列6気筒「S58」エンジンを搭載予定で、最高出力は510ps、最大トルクは598Nmを発揮するとみられています。

このアグレッシブな2ドア・シューティングブレークに「M」モデルが設定されれば、ニッチながら大ヒットの予感です。

(APOLLO)