■現行ジープ・コンパスの魅力とは?

初代ジープ・コンパスは、ジープ初となるFFモデルのみで日本上陸を果たしたコンパクトSUVです。

2代目となる現行型は初代よりもボディサイズを拡大し、全長4400×全幅1810×全高1640mmという3サイズを備えています。駆動方式は、FFとオンデマンド式4WDを用意。

ジープ コンパス ナイトイーグル
ジープ・コンパス・ナイトイーグルのエクステリア

そのコンパスに限定車の「ナイトイーグル」が設定され、2020年5月9日から販売されます。販売台数は各200台。ほかにも、ミドルサイズSUVのジープ・チェロキー、コンパクトSUVのレネゲードにも同限定車が設定されています。

「コンパス・ナイトイーグル」は2.4L直列4気筒を積む「ロンジチュード」がベースで、駆動方式はFF。組み合わされるトランスミッションは6ATです。

ジープ コンパス ナイトイーグル
ジープ・コンパス・ナイトイーグルのエクステリア。ブラックフロントグリルを採用

エクステリアには、ブラックフロントグリル、ブラックフォグランプベゼルやブラックウインドウモールディングが採用され、インテリアにはナイトイーグル専用デザインとなるシート(運転席4ウェイパワーランバーサポート付)が特別装備されています。足元も18インチのブラックアルミホイールで、225/55R18タイヤを装着。

ジープ コンパス ナイトイーグル
ルーフレールが備わり、ブラックウインドウモールディングを特別装備

ボディカラーは、特別色となる「グレーマグネシオメタリック(限定100台)」と人気色の「ヴォーカルホワイト・パールコート(限定100台)」が設定されます。価格はベース車の376万円に対して、3万円高の379万円となっています。

ジープ コンパス ナイトイーグル
ジープ・コンパス・ナイトイーグルのインパネ

そのほか、ベース車同様にアダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション、ParkSenseフロント・リヤパークアシスト、縦列・並列パークアシストなどの安全、ドライバー支援システムも用意されています。

ジープ コンパス ナイトイーグル
ナイトイーグル専用シートを用意

同限定車は、FFモデルではありますが、180mmのロードクリアランスを備え、シティユースはもちろんのことキャンプやウインタースポーツ、マリンスポーツの相棒としても十分に応えてくれます。

また、6対4分割可倒式のリヤシートに加え助手席も可倒式(助手席下収納も用意)になっていますから、長尺物の積載も可能。4.5mを切る全長でも後席も広く、ファミリーカーとして使える居住性も確保されています。

(塚田勝弘)

【スペック】Jeep Compass Night Eagle

●全長×全幅×全高:4400×1810×1640 mm
●ホイールベース:2635 mm
●タイヤサイズ:225/55R18
●最低地上高: 180mm
●車両重量:1490 kg
●最高出力:175 ps/6400rpm
●最大トルク:23.9kgm/3900rpm
●車両本体価格:379万円