■「公道のレーシングカー」GT3開発車両、これが最終型ウィングか?

ポルシェ・911ラインアップの中でも圧倒的パフォーマンスを誇るであり「公道のレーシングカー」と言われる「911 GT3」の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ポルシェ 911 GT3_008
ポルシェ 911 GT3 新型プロトタイプ

ニュルブルクリンクでキャッチした開発車両はこれまでで最もカモフラージュが軽く、最終デザインが見えてきました。

ボンネットフードでは、ポルシェハイパフォーマンスモデルで見られる「NACA」ダクトが上へ向けエアーを抜くデザインに変更されています。またフロントバンパーにはワイドで大型の開口部、L字型コーナーエアインテークも見てとれます。

ポルシェ 911 GT3_003
ポルシェ 911 GT3 新型プロトタイプ

リアエンドでは初めて「ダックネック」リアウィングや、アグレッシブなディフューザーを装着しているほか、Y字スポークを備えるセンターロック式大径ホイール、クロスドリルブレーキローターや黄色いカーボンセラミック・ブレーキキャリパーなどを装備しています。

リアバンパーのコーナーにはカモフラージュが残っており、ここにも新デザインが隠されているようです。

ポルシェ 911 GT3_005
ポルシェ 911 GT3 新型プロトタイプ

パワートレインは、新開発4.0リットル水平対向6気筒NAエンジンを搭載、最高出力は520hp/9,000rpmを発揮、6速MTまたはDCTと組み合わされます。

ワールドデビューは2020年後半と見られますが、コロナウィルスの影響により、オンラインプレミアとなる可能性もあるでしょう。公開後にはウイングを持たない「ツーリング」バージョンも提供されるはずです。

(APOLLO)