■Mには大型のハニカムメッシュエアインテーク&大径ホイールを装備

BMWは、現在ミッドサイズセダン「5シリーズ」改良型を開発中ですが、今回2台の最新プロトタイプをキャッチしました。

BMW 5シリーズ_001
BMW M540i 新型プロトタイプ

BMWのLCI(フェイスリフト)は発売から3〜4年後に行われます。現行型5シリーズは2016年10月発表され、2017年初頭に発売されているので、まさにそのタイミングといえそうです。

BMW 5シリーズ_008
BMW 5シリーズ 新型プロトタイプ

今回捉えた2台のプロトタイプですが、黒いボディのナンバー「1824」と比較して、青いボディのナンバー「1850」は、フロントには大型のハニカムメッシュエアインテーク、大径ホイールを装備、「M Sport」と見ていいでしょう。

また2台とも同じエキゾーストチップを備えていますが、M Sportはフロントフェンダーのオーナメントが目立つブラック仕上げとなっています。

両テスト車両とも前後にカモフラージュされていますが、ノーマルサイズのキドニーグリル、再デザインされたLEDデイタイムランニングライト、テールライトの一部も確認できます。またターンシグナルは、「3シリーズ」同様にライト上部から下部へ移動されているの見てとれます。

BMW 5シリーズ_013
BMW 5シリーズ 新型プロトタイプ

キャビン内では、12.3インチのワイドなデジタルインストルメントクラスタや大型のインフォテイメントシステム用タッチスクリーンディスプレイを装備。刷新されたステアリングホイールには、新しいコントロールボタンなども確認できます。

パワートレインは、2.0リットル直列ガソリンターボエンジンを始め、最高出力395psを発揮する3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン搭載の「M540i」などをラインアップします。

しかし、目玉はなんといっても「7シリーズ」に新たに設定されたPHEV「745e」のシステム流用です。745eは往来の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン+電気モーターではなく、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを軸にした新たなPHEVシステムが搭載されます。

BMW 5シリーズ_007
BMW M540i 新型プロトタイプ

745eではシステム合計の最高出力が394psですが、新たに加わる「545e xDrive」ではデチューンされ最高出力388ps発揮、EV走行は25kmと予想されます。

コロナウィルスの影響でワールドプレミアは未定で、2020年秋ごろデジタルプレミアとなる可能性がありそうです。

(APOLLO)