■高齢ドライバーなどによる急発進、急加速事故に対応

トヨタ・プリウスは、同じTNGAを使うカローラなどの人気もあり、最近やや販売台数を落としているものの、絶対的な知名度により指名買いを安定して得られる1台といえるでしょう。シニア層を中心に、幅広い世代、そして法人ニーズも満たしているモデルでもあります。

トヨタ プリウス プリウスPHV
トヨタ・プリウス、プリウスPHVが一部改良で安全装備を強化

そのプリウス/プリウスPHVが2020年7月1日に一部改良を受け、同日から発売されました。
主な改良点は、安全装備の強化。最新の「Toyota Safety Sense」の搭載をはじめ、インテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」が全車に標準装備されています。

中でも注目は、トヨタ初採用となる急アクセル時加速抑制の「プラスサポート」が用意された点。この機能は、あの池袋の悲惨な事故など高齢ドライバーなどによるペダル踏み間違い事故に対応するものと思われます。

トヨタ プリウス プリウスPHV
急アクセル時加速抑制の「プラスサポート」ありの場合

急アクセル時加速抑制の「プラスサポート」は、プラスサポート用スマートキー(販売店装着オプション/税込価格1万3,200円〜)で解錠すると自動でシステムが起動し、進行方向に障害物がない場合でもペダルの踏み間違い操作を検知したら加速が抑制される機能。トヨタでは「インテリジェントクリアランスソナー」に加えて二重でペダル踏み間違い事故の抑止、被害軽減に貢献することが狙いと説明しています。

プリウス プリウスPHV
急アクセル時加速抑制の「プラスサポート」なしの場合

なお、プラスサポートは、プラスサポート用スマートキーによる解錠以外、複雑な操作や設定は不要で、家族内でも使用者に応じて標準スマートキーとの使い分けが可能だそう。高齢者や初心者などのドライバーだけでなく、あると安心のオプションですからぜひ設定したいところ。

プリウス プリウス PHV
プラスサポート用スマートキー(販売店装着オプション)

最新の「Toyota Safety Sense」の中身は、プリクラッシュセーフティの検知範囲を夜間の歩行者と昼間の自転車運転者に拡大されたのをはじめ、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援するレーントレーシングアシスト(LTA)が装備されています。

トヨタ プリウス プリウスPHV
最新の「Toyota Safety Sense」が搭載されています

さらに、カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らす「ロードサインアシスト(RSA)」を追加。また、先行車の発進をブザーとディスプレイ表示で知らせる先行車発進告知機能も用意されています。

トヨタ プリウス プリウスPHV
ヴィークルパワーコネクター

ほかにも災害時などに役立つ外部給電機能が全車に標準装備されています。これはトヨタが注力している機能であり、アウトドアでも重宝するはずなので、プリウスでキャンプに行く人が増えるかも?

トヨタ プリウス PHV

被災地での給電風景(台風15号による千葉大停電時)プリウスは、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、コンセント2個(Eグレードは1個)/非常時給電システム付)、プリウスPHVは、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、コンセント2個、ヴィークルパワーコネクター付)として設定されます。

プリウス プリウスPHV
AC100V 1500Wのアクセサリーコンセント

さらに、プリウスPHVには、ソーラー充電システムを全車にオプション設定しています。こちらは太陽光で発電した電力を駆動用バッテリーに貯めて給電することが可能で、全グレードに設定することで給電機能を拡大しています。

プリウスPHV
ソーラー発電量が分かるマルチインフォメーションディスプレイ

また、一部改良と同時にプリウスに特別仕様車の「S“Safety PlusⅡ”」が設定されました。こちらは「S」がベース。特別装備として、車線変更時の後方確認をアシストするブラインドスポットモニターをはじめ、駐車場などから後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーにより、注意喚起するリヤクロストラフィックアラートを用意。

プリウス
プリウスの特別仕様車「S“Safety PlusⅡ”」

後方の映像を表示し車庫入れをサポートするバックカメラに加え、ステアリングから手を離さずに音声操作やハンズフリー通話を可能にするステアリングスイッチがセットになった「ナビレディセット」、悪天候時にヘッドランプの明かりを補助するLEDアクセサリーランプ(薄暮灯)も装備されています。ほかにも、車内を爽やかな空気で包むナノイー、雨滴感応式オートワイパー、自動防眩インナーミラーなどの快適、ドライバーサポート系の装備も用意。特別仕様車の「S“Safety PlusⅡ”」に、先述した急アクセル時加速抑制の「プラスサポート」を付ければ、より安心してドライブができそうです。

トヨタ プリウスPHV
トヨタ・プリウスPHV「A」の外観

トヨタ・プリウスの価格帯は、260万8000〜355万7000円。特別仕様車の「S“Safety PlusⅡ”」のFFは、275万5000円、4WD(E-Four)は295万3000円です。また、プリウスPHVの価格帯は、331万3000円〜439万2000円。プリウス・ウェルキャブの価格帯は、264万4000円〜371万1000円。プリウスPHVウェルキャブは、349万1000円〜398万3000円となっています。

今回の安全装備の強化により、新規顧客はもちろん、プリウス/プリウスPHVからの買い替えも一定数いるはずで、2020年5月からトヨタ全店舗扱い(全4チャネル扱い)にもなっており、販売台数を伸ばせるか注目です。

(塚田勝弘)