●施設はシンプル、地面は土…遊んだ後のケアが必須

上郷サービスエリア(上り)は、東名高速道路と新東名高速道路が交差する豊田JCT近くに位置します。コンビニ(ファミリーマート)やタリーズコーヒーも敷地内にあり、「上郷町市場」という食堂は、名古屋めしが充実していて人気があります。ここで売っている「シャチホコ牛乳ソフト」も美味しいと評判です。

ドッグラン2
フードコートなどでは、名古屋飯のメニューが充実している。

建物の外壁にトリックアートで動物の絵が描かれているのも特徴的。館内には子どもが遊べる遊具もあるため、小さいお子さん連れのドライバーには嬉しい休憩スポットといえます。

ドッグランの標識は日焼けして白くなっているため、少しわかりにくいかもしれません。

ドッグラン3
動物の絵が描かれて、アニマルパラダイスという建物が特徴
ドッグラン4
ドッグランの標識はあるが、薄くなっているので、電気自動車の急速充電器が目印。

ドッグランの施設はサービスエリア入口側にあり、電気自動車の急速充電器が目印となっています。

ドッグラン5
200㎡と広さは十分だが、フラットな地面は人工芝などではなく、土となっている。
ドッグラン6
施設の入口付近におしっこポールを設置。

上郷サービスエリア(上り)のドッグランは、全犬種共有エリアのみで広さは約200㎡。地面は細かい砂利が混ざった土になっています。人工芝と違って足を洗うのが少し大変そう。入り口に手足を洗う簡易的な水道とリードフックが設置されています。

ドッグラン7
人が座るベンチの上には屋根が装着されている。
ドッグラン8
地面が土のため、遊んだ後のケアが必要。

エリア内には、フェンスに紐で縛りつけられたうんちボックスに、フェンスに吊り下げられたトングやバケツがあります。簡易的な日除けとともにベンチが3カ所。フェンスに沿って草が生えているので、フェンスにオシッコしてしまうワンちゃんもいそうですね。

上郷サービスエリア(上り)のドッグランは、他のサービスエリアに多くみられる人工芝のドッグランに比べると年季が入っていて、最小限の設備しかないシンプルなフィールドといった印象。

ドッグラン9
周りに高い建物がなく、開放感はいっぱい。

アジリティが充実してきれいな人工芝の新しいドッグランは人気があり週末は混んでしまう可能性が高いですが、ここなら空いていて解放感もあるため、人工芝が苦手なワンちゃんや人見知りのワンちゃんなどにおすすめします。

(文:高市智子/写真:萩原文博)