●スコップやビニール袋が置かれた備品箱でホスピタリティーバッチリ!

2匹のワンちゃんと暮らすライターが足を運んで、日本全国にある高速道路のSAに併設しているドッグランを紹介します!

今回は中央自動車道・駒ヶ岳(こまがだけ)SA(下り)です。

ドッグラン2
建物裏の展望台からは中央アルプスの山並みが見られる。

駒ヶ岳SA(下り)は、長野県駒ケ根市に位置する中央自動車道にあるサービスエリアです。また、駒ヶ岳SA上下線ともにドッグランが設置していて、南アルプスの山々に囲まれ、四季を通してとても美しいサービスエリアのひとつです。

ドッグラン3
ドッグランは建物左にあるため、入口付近にクルマを停めると便利
ドッグラン4
森の緑と空の青のコントラストはまるで高原にいるよう。

建物は比較的にコンパクトですが、お土産コーナーで販売している「駒ヶ岳林檎パイ」は、信州産のりんご「ふじ」をたっぷり使用していて、NEXCO中日本の「プレみや」認定商品として大人気。

ジューススタンドでは、イチゴや桃、ブルーベリーなど、季節の果物をふんだんに使った生ジュースもあり、3時のおやつタイムにもおすすめのスポットです。

ドッグラン5
入口付近に水飲み場と足洗い場を設置。
ドッグラン6
備品箱の中にはスコップとビニール袋が置かれている。

お目当てのドッグランは、建物の左側に位置します。ここのドッグランは駐車場に面していて、全犬種用(300㎡)と小型犬用(250㎡)の2つのエリアに分かれています。

両エリアの共有出入口を入ると、水飲み&手足洗い場があります。百葉箱を活用した備品箱(ミニスコップ入り)と、うんち専用ゴミ箱も全犬共有。

ドッグラン7
ドッグランは小型犬と全犬種用の2つに区分されている。
ドッグラン8
天然芝の緑の絨毯が引き詰められている。

水道やゴミ箱がある共有スペースの右側に、小型犬専用エリアの出入り口があります。平坦なフィールドは、全面芝生で大きな木も程よく植えられてあり、木陰もしっかり確保できるので、夏季や真っ昼間でも安心。キノコのアジリティもあるので飽きずに遊べそうです。

ドッグラン9
全犬種用のほうがスペースは広め。
ドッグラン10
小型犬専用のスペースと同様に、緑の絨毯が敷き詰められている。

全犬種用エリアは、共有スペースの左側にあります。小型犬エリアよりもやや広めのフィールドは、周りの木々に囲まれていて、桜の木もあるので春のお花見も楽しめそうです。

こちらにもキノコのアジリティ。中央道でアジリティがあるドッグランは珍しいので、他のドッグランに飽きたワンチャンにオススメです。ベンチはひとつだけ。アジリティのそばに設置してあります。

ドッグラン11
両エリアにアジリティが設置されている。
ドッグラン13
建物の外のテラス席ではワンちゃんと一緒に食事が可能。
ドッグラン12
ベンチは全犬種用のスペースに一つだけ設置されている。

駒ヶ岳SA(下り)は、ドッグランだけでなく、フードコートの外テラス席も豊富。もちろんワンちゃんと一緒に食事をとったり休憩したりできます。

建物の裏手にある広い緑地でお散歩したり、ドッグラン以外にもワンちゃんと一緒に過ごしたりできるスポットがあるのは、愛犬家にとっては嬉しいスポットでしょう。

(文:高市智子/写真:萩原文博)