■驚きのボディ剛性感とスムーズなハンドリング

先代のプジョー208は、女性的な柔らかなフォルムが目を惹き、若い女性ユーザーからの支持も多かったそうです。

新型プジョー208は、一転して男性的な直線を基調としたラインや面で構成され、大きなフロントグリルやキリッとしたヘッドライトが印象的。前後ライトには、ライオンの爪が表現された3つのラインが縦に刻まれています。

プジョー208
日本上陸した新型プジョー208。写真は「アリュール」

DS3 クロスバックと同様に、「CMP(Common Modular Platform)」と呼ばれるプラットフォームを使う新型プジョー208。100%電気自動車のバッテリーEV「e-208」も同時発表されていますが、日本の上陸は今秋になる見込みです。

今回試乗したのは、「Style」「Allure(アリュール)」「GT Line」のうちの中間である「Allure」で、1.2Lの直列3気筒DOHCターボと8ATが組み合わされています。

■街中や首都高速ならパンチ力不足も抱かせない

街中から走り出すと、ボディ剛性感と静粛性の高さ、フラットライドそのものといえる乗り心地は、Bセグメントを超えたクオリティを備えているのが瞬時に伝わってきます。走りの質感だけでいえば、上級のCセグメント級と同等レベルか、車種によっては超えているかも。

昔からのファンからすると、もう少ししなやかな乗り味を期待するかもしれませんが、基本的に振動に対する減衰も比較的速く、2540mmというホイールベースからすると、十分に乗り心地は良好といえます。

プジョー208
新型プジョー208のエクステリア

最高出力100PS/5500rpm、最大トルク205Nm/1750rpmというエンジンスペックは、先代よりも10PSダウン(最大トルクは同値)しています。これは、GPF(ガソリン・パーティクル・フィルター)の採用をはじめとした、排気ガスのクリーン化、JC08モード燃費で約7%向上したという燃費対策によるもの。

ただし、先代の6ATから新型は8ATに多段化されたことで、変速スケジュールもマナーも改善し、滑らかな加速フィールが堪能できるのも美点。

プジョー208
新型プジョー208のインパネ

さらに、小径ステアリングによるクイックなハンドリングは、舵角を問わずどんなコーナーでもミズスマシのように軽やかにクリアしていきます。ファンの多いMINIの身のこなしは、若干人工甘味料的な味わいが残りますが、比較的ナチュラル感があるのも新型プジョー208の長所といえそう。

プジョー208
新型プジョー208のフロントシート

良いことだらけのように感じる新型プジョー208ですが、気になる点もあります。新世代バージョンとなった「PEUGEOT i-Cockpit」は、メーターが3D化され、EV仕様も擁する新型にふさわしい質感、先進性が味わえます。インパネやメーターフードの見た目のクオリティも同セグメントではMINIとトップクラス争いを演じるでしょう。

プジョー208
新型プジョー208の8AT。シフトレバーはバイワイヤ化されている

今までの「i-Cockpit」は、ステアリングのチルト機構がメーターとの干渉を避けるべく、上側にはあまり上がらないように設定されていましたが、新型208では、上側にも大きく可動します。ドライバーの身長やシートポジションにより異なるものの、高さによってはメーターとステアリングのリムが完全に干渉します。

チルトの可動域が上側にも拡張されたことで、ドライビングポジションの自由度が高まった反面、安全に関わるメーターの視認性に悪影響を及ぼす可能性があり、まずはメーターをしっかり見える位置で設定する必要があります。

プジョー208
試乗車のタイヤは、ミシュラン「プライマシー4」。サイズは195/55R16

また、アイドリングストップからの再始動時に少し音・振動が大きめに入ってくるのと、20〜30km/hくらいの速度域でこもり音が侵入してきます。3気筒エンジンのネガはほとんど感じさせませんが、数少ないポイントかもしれません。

少し気になる点はありましたが、走りの上質感、スポーティ具合といった点では満額回答かそれ以上の仕上がりを披露する新型プジョー208。スポーティグレードの「GT Line」やバッテリーEVのe-208への期待も高まります。

(文/写真 塚田勝弘)