■ワンちゃん用のぬいぐるみに加えて、パンも販売しているワンちゃんファーストの施設

2匹のワンちゃんと暮らすライターが足を運んで、日本全国にある高速道路のSAに併設しているドッグランを紹介します!

ドッグラン02
南房総にある館山をイメージした建物は南国ムード満点。

市原SA(上り)は、千葉県市原市に位置し、館山自動車道にある唯一のサービスエリアで、一般道からも利用できます。館山の街をイメージしたオレンジ色の屋根の建物は「TABE TABI MARKET」という名称で、房総を食べて旅するマーケットがコンセプトなんだそう。

ヤシの木もプラスされ、サービスエリアとはおもえないほど、とってもオシャレで楽しい雰囲気のあるスポットになっています。

館内では、人気No. 1の「千葉県産元気豚使用カツ丼」をはじめ房総の食材を味わえるフードコートも充実。都内で人気のカフェ「WIRED CAFE」も出店していて、世界の農園から厳選したコーヒーも味わえます。

ドッグラン03
ワンちゃん用のおやつに加えて、ぬいぐるみも販売している。

千葉の海の幸&山の幸をはじめ房総の名産品を揃えた「TABE TABI SHOP」も一見の価値ありです。ワンちゃん用のおやつ売り場ももちろんあります。

バラエティ豊かなジャーキーは、下り線のSAでも販売されていますが、ぬいぐるみのおもちゃなどは、ここ上り線でしか入手できないので、ぜひ立ち寄って欲しいところ。

ドッグラン04
上り線のドッグランはSAの入口付近にクルマを停めると便利。

ドッグランは下り線と異なり、SAに入って手前側に位置しています。小型犬と大型犬・中型犬用の2つのエリアに分かれていて、出入り口も別々にあるため、大きなワンちゃんが苦手な小型犬も安心して遊べます。

ドッグラン05
市原SAの上下線ともにオリジナルのイラスト。

水道施設は、両エリア出入り口の間にひとつあり、シャワーなどはありません。

ドッグラン06
芝生の緑の絨毯が広がるフラットなエリア。

天然芝ベースで平坦なフィールドは、ワンちゃんも気持ちよく走れそうです。建物寄りにある小型犬エリアには、屋根付きベンチが2つ。

ここは24時間利用できることもあり電灯も設置され、夜は明るく安心してわんちゃんを遊ばせることができます。ベンチの周りは芝生ではなくコンクリートになっていて、飼い主さんの足もとが土で汚れることのないよう配慮されています。

ドッグラン08
このイラストも市原オリジナルで上下線共通。

大型犬・中型犬エリアは、小型犬エリアとほぼ同じ広さ。各エリアの出入り口に、排泄物(うんち)ボックスがあるため便利です。緩やかな傾斜になっていて、林に囲まれているので静けさがあります。

ドッグラン10
屋根の下にベンチとテーブルが設置され、ワンちゃんと一緒に食事も取れる。

テーブル付きのベンチが1箇所あり、広めの屋根もついているため、充分に日除け&雨除けできます。

ドッグラン11
ドッグランの周りは地元の高校生が整備した花壇が広がる。

ドッグランの辺りは、花壇がキレイな広々とした広場になっているのも魅力的。サービスエリアであることを忘れさせてくれるほど、環境のよい敷地で散策しながら大いにリフレッシュできます。

ドッグラン12
ドッグランのフェンスにワンちゃん用のパンを販売しているという看板がある。

ドッグランのフェンスに「ワンちゃん専用の骨パン」の看板を発見。早速、販売しているという建物内のパン屋さんへ行ってみることに。

「はらくち製パン所」というパン屋さんの店内レジ前に「骨パン」が販売されていました。骨の形をした固めのパンは、牛や豚のひき肉を練り込んで塩分控えめ!ジャーキーに飽きたワンちゃんも、喜んで食べてくれるでしょう。

ドッグラン13
建物の中にある「はらくち製パン所」で販売されている骨の形をしたワンちゃん用のパンを販売。もちろん人間用のパンも販売している。

市原SA(上り)は、ドッグランも新しく、オリジナルのワンちゃんグッズやおやつもある、愛犬家に嬉しいサービスエリアといえます。市原SAは、上下線ともサービスエリアとはおもえないほど施設が充実しており、敷地全体の雰囲気が商業施設やリゾートのよう。

休憩するためのサービスエリアではなく、市原SAの上下線を巡って、一日中ワンちゃんと一緒に遊んで過ごす、そんな楽しみ方をぜひ体験してみてはいかがですか⁈

(文:高市智子/写真:萩原文博)