(CNN) 米バージニア州州議会の下院は、未婚の住民が同意を得た性交渉を持つことを違法行為としていた州法の廃止をこのほど決議した。今後は上院での審議に移る。

同法は州法に過去数百年間盛り込まれていたかもしれないとされ、違法行為には罰金250ドル(約2万7500円)が科される可能性もある。ただ、同法の執行はほとんどないのが実情だった。

廃止を迫った民主党の議員はCNNの取材に、住民の大半を犯罪者にする州法があってはいけないと主張。17世紀や18世紀の時代とは違うとし、多数の住民がこの「犯罪」を犯している現状もあるとし、法律への侮蔑にも相当すると強調した。

同議員は2018年にも「不義密通」を犯罪とする法律の廃棄を試みたが失敗。州最高裁も2005年、州民の個人的な生活への政府による違憲的な侵入行為との判断を示したが、州法からは削除されなかった。

別の議員も14年に廃止を試みていたが、委員会レベルで頓挫(とんざ)していた。ただ、今回は廃止が実現する可能性があるとの見方も出ている。

「不義密通」を犯罪とする州法はアイダホ州でも導入され、違反した場合、最高で300ドルの罰金、最大で禁錮6カ月、もしくは両方が科される可能性もある。

一方、ノースカロライナ州の類似した州法は表現がややあいまいになっており、未婚の男女が「みだらかつわいせつな形」でベッドを共有もしくは同棲している場合、禁錮6日間と罰金1000ドルの対象に成り得るとしている。

関連法を廃止した州も近年あり、マサチューセッツ州などが含まれる。