(CNN) 米オクラホマ州タルサで29日未明、検問中の警官2人が運転者の男(32)に銃で撃たれ、1人が死亡、1人が重体となった。

地元警察の責任者が記者会見で語ったところによると、警官のうち1人は30日に死亡した。頭部などに複数の銃弾を撃ち込まれ、手術を受けたが助からなかった。

もう1人の警官も頭部を撃たれた。今も重体だが、病院スタッフの呼び掛けに反応している。

発砲した男は29日、殺人などの容疑で逮捕された。容疑者は重罪で有罪となった前歴があり、銃の所持を禁止されていた。

共犯とされるもう1人の男も同日、逮捕された。

警察のツイートによれば、警官らは29日午前3時半ごろに容疑者の車を止めさせた。本人がこれに抵抗してもみ合いの末、銃の引き金を引いて発砲を繰り返した。

容疑者は徒歩で逃げたが、同日昼までに民家で発見され、警察に包囲されて投降したという。