〈FIL〉熊本県・阿蘇に、間伐材などを活用した新ブランドの旗艦店オープン!

〈FIL〉熊本県・阿蘇に、間伐材などを活用した新ブランドの旗艦店オープン!

熊本県阿蘇郡南小国町に、自然の景観を守るために間伐された杉材などを活用したインテリア・ライフスタイルブランド〈FIL〉のフラッグシップショップ〈FIL STORE〉がオープンしました!

FILは、東京・パリのクリエイターと小国町で林業を営む〈Foreque〉がプロデュースを手がける新ブランド。

ていねいに手入れされた阿蘇の自然や、訪れた人々を優しく迎えいれる温かい心などといった「自然と人」「人と人」のつながりを大切にする文化・価値観を「Fulfilling life =満ち溢れる人生」というコンセプトに落とし込み、長く愛用できる商品づくりに挑戦しています。

南小国町は今も火山活動が続く阿蘇地域の北側にあります。情緒あるまち並みと露天風呂で知られる黒川温泉があり、旅館業や林業、農業が盛んなのだそう。

FIL STOREは、そんな南小国町の里山にオープン。設計を手がけたのは、杉や檜を扱うことを得意とする〈ようび建築設計室〉の大島奈緒子さんと与語一哉さんです。

敷地内には、ものづくりのためのメイカースペース〈fillab〉やショップスペース、アロマ抽出所を併設。3つのスペースをひとつの屋根の下に納めることで、さまざまな人々が出会い、アイデアが共有される、交流の場を演出しています。近くには製材所があり、木が加工されていく過程も学べるのだとか。

溶岩で楽しむポプリなど、ユニークなプロダクトが勢揃い!

こちらのイージーチェアは、阿蘇の景観をモチーフにデザインされた椅子。デザインは東京の〈CANUCH Inc.〉。

極限まで繊細なフレームにこだわり、軽量な杉を使用しているため、持ち運びも可能。クッションには、北欧のファブリックを使用しています。

かつて先人が植えた小国杉は、約250年のときを経てブランド杉へと成長した木材。豊かな土壌と厳しい寒暖差に育まれた美しい色合いと艶が特徴です。

こちらは、小国杉エッセンシャルオイルを使ったプロダクト〈FIL Fragrance〉。

銅製のポプリとアロマキャンドルの容器は、手で触れていくうちに落ち着きのある色合いへと変化していきます。

〈Pot-pourri〉は、阿蘇山の噴火によってつくられた溶岩を使用したポプリ。溶岩にフレグランスオイルを数滴落として香りを楽しみます。

パリを拠点とする新間美也さんによるブランド〈Miya Shinma PARFUMS〉のアトリエで調香されたオイルは小国杉精油やローズウッド、パチュリ、乳香など、天然香料を中心にブレンドされ、爽やかさのなかにも深みと温かさが匂いたちます。

そのほかにも、ユニークなかたちのスツールやテーブルウェアがたくさん。

阿蘇の景観から想起された、FILのプロダクトたち。こんな家具や雑貨を置いたら、お部屋の景観も変わりそう!FILのプロダクトはフラッグシップショップのほか、公式サイトからも購入できます。ぜひチェックしてみてくださいね。

information

FIL STORE

時間:11:00〜19 : 30

住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺満願寺丸田30

開業日:2017年8月1日

Web:FIL Facebook

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

関連記事

コロカルの他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

熊本 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索