着物×ウォーキングバイシクルで近未来散歩!景色が流れるまちあるき

着物×ウォーキングバイシクルで近未来散歩!景色が流れるまちあるき

岐阜県〈長良川デパート湊町店〉にて、電動三輪車「ウォーキングバイシクル」と着物をセットで借し出すユニークなサービスが始まっています。

このバイクのすごいところは、転びにくく立ったまま乗れるので、着物でも乗れるところ。

スピードは歩くより早く、自転車より遅いぐらい。このバイクに乗れば1キロや2キロはあっという間です。電動アシストもついているので、ゆったりツーリングを楽しむことも。これは楽しそうですね!

ペダルを上下に踏むことで、歩くように進みます。※ウォーキングバイシクルと着物は単独でもレンタル可能。

このサービスを始めたのは、長良川流域の観光とまちづくりに取り組む〈NPO法人ORGAN(オルガン)〉さん。お店のある湊町を着物で快適に散歩してほしいと、以前から行っていたアンティーク着物のレンタルとコラボし、2017年より着物とバイクのレンタルサービスを始めました。

ウォーキングバイシクルを手がけたのは、国内有数の自動車部品メーカー〈片山工業〉(岡山県)さん。目指したのは、歩くより早く、自転車より簡単な乗りもの。「いつまでも自分の足で歩きたい」をコンセプトに、ひとりでも多くの人に健康でいてほしいと開発を始めたのだとか。

長良川の恵みとつくり手の思いを届ける〈長良川デパート〉

長良川のほとりは、もともと城下町として栄えたまち。また、長良川上流の郡上からは杉などの木材、美濃からは美濃和紙、下流の桑名からは海産物などが運ばれ、水運の川湊(かわみなと)として、たくさんの人とものが行き交う場所でもありました。鵜飼観覧船乗り場から続くまちなみは「川原町」と呼ばれ、今でも築100年を超える日本家屋が軒を連ねています。

また、長良川領域には美濃和紙や竹を用いた提灯、うちわ、和傘をはじめとしたクラフトもたくさん。ORGANの皆さんは、そんな長良川の恵みをつくり手の思いと共に届ける店をつくりたいと考え、クラウドファンディングで資金を募り、2016年6月、築120年の町家に〈長良川デパート湊町店〉をオープンさせました。

お店には岐阜和傘や岐阜提灯、美濃和紙、郡上下駄、竹細工、木工などの伝統工芸品が並んでいます。

湊町は、かつて岐阜市にある株式会社オゼキにて提灯の照明シリーズ「AKARI」を手がけた彫刻家のイサム・ノグチさんも訪れたまち。ぜひ一度いってみたいですね!

information

長良川デパート湊町店(ORGANキモノ併設)

営業時間:9:00〜18:00

住所:岐阜県岐阜市湊町45 長良川デパート湊町店2階

アクセス:バス:岐阜バス「長良橋」下車 徒歩2分(岐阜駅より約10分)/車:河川敷無料駐車場もしくは岐阜公園駐車場(有料 1回300円)から徒歩で10分。

休業日:年末年始

バイクの予約:ウェブ、電話または店頭にて受付。バイクが2台しかないため、貸出中の場合はご了承ください。

※身長140cm以上の方のみ。全長1200mm、全幅595mm、ハンドル高さ1080mmから1230mmです。

電話:058-269-3858

料金:バイク:3時間満喫コース:1500円(税込)30分ちょい乗りコース:500円(税込)/着物:浴衣 3800円(税抜)着物 5000〜7000円(税抜)※着物をレンタルの場合はバイクのレンタル料が500円引きになります。

Web:長良川デパート 長良川デパートFacebook ORGANキモノ Facebook ウォーキングバイシクル公式サイト

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。


関連記事

コロカルの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

岐阜 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索