若手就農者を応援する〈坂ノ途中〉が四万十の恵みたっぷりのジンジャーシロップを発売!

若手就農者を応援する〈坂ノ途中〉が四万十の恵みたっぷりのジンジャーシロップを発売!

2018年5月、高知県高岡郡四万十町のショウガとスリランカの有機スパイスを使ったジンジャーシロップが発売されました。

商品を手がけたのは、「環境負荷の小さい農業」の普及を目指している〈株式会社坂ノ途中〉さん。

高知県高岡郡四万十町のショウガとスリランカの有機スパイスを使ったジンジャーシロップ

〈株式会社坂ノ途中〉は農産物の販売や、途上国での有機農業普及〈メコン オーガニック プロジェクト〉、生産者とバイヤーのマッチングのためのオンラインプラットホーム事業〈farmO(ファーモ)〉などを手がけています。

同社では若手農家や新規就農者を増やしていくことを目的に、関西・中四国・九州を中心に約200件の農家と提携。そして「何を・いつ・どれくらいつくるか」ということから一緒に考え、農薬や化学肥料に頼らずに栽培された野菜を宅配しています。

このたび発売されるシロップのショウガを育てた林真代さんも、四万十町へ移住し就農された方です。四万十町は「自然がいっぱいで人間らしい生活ができる」ところがよいのだとか。栽培期間中は農薬や化学肥料を使用せず、畑の土づくりには米ぬか、ぼかし肥料、発酵鶏糞などの有機物を利用しています。

ジンジャーシロップの楽しみ方

ジンジャーシロップの楽しみ方・ジンジャーエール

ジンジャーエール

これからの季節は、ショウガの香りが引き立つジンジャーエールがおすすめ。ソーダで割るだけで、ぴりっとした香りのジンジャーエールができます。

コクがほしい方は、ミルクで割ってジンジャーミルクに。ホットでもアイスでもおいしくいただけます。チャイに入れるのもおすすめです。

ジンジャーシロップの楽しみ方・ジンジャーミルク

ジンジャーミルク

また、甘さ控えめなので料理にも使えます。醤油とも好相性なので、いろんな料理に活躍しそう。

いつもの料理にジンジャーの香りをプラス。

いつもの料理にジンジャーの香りをプラス。

さとうベジファームの人気レシピが復活

ジンジャーシロップのレシピは、高知県のショウガ農家〈さとうベジファーム〉さんから受け継いだもの。

さとうベジファームさんのジンジャーシロップは人気商品ながら製造がストップしていたのだとか。今回は佐藤さん監修のもと、アレンジを加えての復活となります。

隠し味となっているスパイスは、スリランカから。小規模有機農家団体の有機カルダモンと有機黒コショウを使用しています。

ジンジャーシロップはただいま坂ノ途中さんのオンラインストアで発売中。同サイトでは、ジンジャーシロップのほかに野菜やお米なども販売しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

information

ジンジャーシロップ

原材料:生姜(栽培期間中、農薬・化学肥料不使用)、きび砂糖、有機カルダモン、有機ブラックペッパー

内容量:300ml

保存方法:直射日光・高温多湿を避け、常温保存

価格:1,200円(税抜)

Web:オンラインショップ Facebook

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。


関連記事

コロカルの他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

高知 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索