有名シェフお墨付きの良質な食材が勢揃い

音楽プロデューサーの小林武史さん率いる〈ap bank〉が、コロナウイルス感染拡大による自粛要請に苦しむ食の生産者と消費者を結ぶポータルサイト「GREAT FARMERS TO TABLE(グレートファーマーズトゥーテーブル)」を立ち上げました。

このポータルサイトは、全国で一目置かれるシェフおすすめの、日本各地のすばらしい農畜水産物を紹介。もちろんそのままオンラインで購入することが可能です。

現在参加している生産者とシェフは以下の通り。

参加生産者安曇野放牧豚/牛肉商尾崎/KURKKU FIELDS/こころの野菜さん/佐々木ファーム/タケイファーム/西崎ファーム/パラダイスビアー/林鮮魚店

賛同シェフ石松一樹(Maruta)/楠田裕彦(METZGEREI KUSUDA)/小林寛司(villa aida)/田窪大祐(TACUBO)/平雅一(ドンブラボー)/原川慎一郎(the Blind Donkey)/樋口敬洋(SALONE TOKYO)/宮本雅彦(トレフミヤモト)

ここで掲載されている食材をちょこっとご紹介します。

Citron et Citron の「柑橘」

〈Citron et Citron〉の柑橘

東京・神田にある人気自然派レストラン〈the Blind Donkey〉の原川慎一郎さんがピックアップしたのは、農薬や化学肥料を極力用いず、自然栽培で育った柑橘を紹介している愛媛県の〈Citron et Citron〉の柑橘。

瀬戸内の太陽の光を浴びて健やかに育った柑橘類はもちろん、しぼりたてのジュースなんかもあり、その味わいを想像すると思わず口の中がキュッと……!憂鬱な気分を取っ払ってくれるフレッシュな柑橘から良質なビタミンを摂取しましょう。

那須ファームの「産直たまご」

〈那須ファーム〉の〈産直たまご〉

〈熊本県那須ファーム〉の〈産直たまご〉は東京・外苑前にあるフランス家庭料理店〈aminima〉の鳥山由紀夫さんが推薦。

地元のお米とお水ですくすく育った若鶏の、生みたてほやほやの新鮮な卵を直売してくれるそうです。黄身の甘みとコクがすごいと評判なのです。

三谷ミートの「土佐あかうし」

〈三谷ミート〉の〈土佐あかうし〉

こちらは高知県のリゾートホテル〈Villa Santorini logue〉の井原尚徳さんがおすすめする〈三谷ミート〉の〈土佐あかうし〉。

〈土佐あかうし〉は赤身とサシのバランスがよく、さまざまな料理に合うと評判のお肉。なんと黒毛和牛種の2倍、熟成すると4倍ものアミノ酸が含まれるのだそうです。オンラインにはステーキ肉から焼肉、薄切り肉まであるので、献立に合わせてどうぞお好きなものを選んでみてください。

「食べることは生きること」代表・小林武史さんの想い

一般社団法人APバンク代表理事・小林武史さん

一般社団法人APバンク代表理事・小林武史さん

「ap bankは2003年の発足からこれまで『サステナブル』ということを大きな指標に据えながら活動を続けてきました。自然エネルギーや環境保全、そして東日本大震災での復興支援活動もそのひとつです。

その活動のなかでも“食”というテーマは、持続可能な人間の営みに欠くことのできない基礎として常に重要な位置を占めていました。環境に配慮した第一次産業への融資支援などをはじめ、 東日本大震災の際には翌年の2012年に〈Food Relation Network(フードリレーションネットワーク)〉を立ち上げ、安心安全で豊かな食文化をつくりだすべく多くのシェフや農業人の方々にさまざまな取り組みとしてつながっていただくことができました。また、2017年に宮城県石巻市でスタートした総合芸術際『Reborn-Art Festival』では、アートや音楽とともに「食」を3本柱のひとつとしています。

そして現在世界では新型コロナウィルスの猛威によって、素晴らしい才能を持った農業人やシェフたちが苦しんでおられます。レストランは休業や自粛により大きなダメージを受け、そこに食材を卸している農業人の方々もまた大きなダメージを受けています。(特に個人経営の有能な農業人の方々が生産物のアウトプットを見失いかけています)そこでap bankは新たに、『GREAT FARMERS TO TABLE』というポータルサイトを立ち上げます。 まずは、早急に第一次産業の生産者の方々の生産物を皆様に紹介することで食のマッチングを図ろうと考えます。そしてシェフたちには生産者を救済すると言う意味において、才能豊かな生産者(GREAT FARMER)の紹介やメッセージなどをいただきました。このあともさまざまな発展形としての活動を模索していこうと思っています。

食べると言う事は生きることです。どう生きるか、わたしたちがどうつながっているのか。みんなが家にできるだけ閉じこもっていなければならないと言うこの時にこそ、あらためて私たちは考えることやそこで気づいたことを行動に移すことができると思うのです」

これは本プロジェクト創設にあたり、小林武志さんからのコメントです。なお、出展者からは一切の料金を受け取らず、サイトはap bankの利益で回していくとのこと。

飲食店の自粛により、産地でとれた良質な食材が行き場をなくし、そのまま破棄されているケースが多くなっているようです。そのような現状をなんとかしようと、このポータルサイトは立ち上がりました。

みなさんぜひ、各生産者さんのオンラインストアをチェックして、気になったものがあれば購入してみてください。

information

GREAT FARMERS TO TABLE グレートファーマーズトゥーテーブル

Web: http://greatfarmerstotable.com

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。