毎日のキッチンに、自炊革命を

2020年4月、東京・下北沢に発酵デザイナー、小倉ヒラクさんのお店〈発酵デパートメント〉がオープンしました。新しくオープンした〈BONUS TRACK(ボーナストラック)〉という商業施設内にあり、開放感に溢れた、気持ちのいい空間です。

店内の様子

下北沢駅南西口から徒歩3〜4分。〈BONUS TRACK〉という商業施設の中にあります。

下北沢駅南西口から徒歩3〜4分。〈BONUS TRACK〉という商業施設の中にあります。

店内には、日本全国・世界各地の発酵調味料やお漬物、お酒がずらり。私は山梨〈五味醤油〉の「甲州やまごみそ」を購入してみたのですが、とても味わい深く、味噌ひとつでこんなに料理がおいしくなるんだと味噌に目覚めてしまいました。

とはいえ今は、新型コロナウイルスの感染拡大による非常事態の最中。「ぜひ来てください」とはいえない状況です。しかし、「醸造家たちが受け継いできた素晴らしい発酵文化を絶やしてはならぬ」とこの苦境を乗り切る策を練った小倉さん。このたび、選りすぐりの発酵調味料を毎月お届けする“発酵サブスク”を始めました。

価格はひと月3,000円(送料別途1,000円)で、地域の個性溢れる味噌や醤油、料理上手になれる白たまりやだし、お酢、唐辛子を使ったかんずりなどといった味の幅を広げるユニークな調味料を、解説とレシピ本つきで届けてくれます。

日本各地の調味料。

日本各地の調味料。

おいしいお味噌汁がつくれるセット。

おいしいお味噌汁がつくれるセット。

ときには、めずらしい珍味も。

ときには、めずらしい珍味も。

レシピを手がけるのは、料理初心者に自炊を教えるスペシャリスト、自炊料理家の山口祐加さん。毎月調味料が届くころには、twitter上で料理ライブも配信されます。

味噌

この発酵サブスクは、料理初心者の方にも、上級者の方にもおすすめ。小倉さんは次のように語ってくださいました。

「発酵サブスクを始めた理由は、自粛生活が続いて、みんな自炊に飽きているんじゃないかな? と思ったんです。また、お店のオープン後に“いきたいけどいけない!”という声を各所からいただいて、ならばこちらから送ろう、と。解説とレシピ本つきで、自炊が楽しくなるような発酵食材をお届けすることを思いついたんです。料理のレパートリーを広げておいしく食べて、身体を元気に。発酵食品のよさをもっと知ってもらって、そうなっていったらいいなと思います」

陳列棚

継続的に購入するサブスクションは、発酵デパートメントと、各地の醸造家を応援することにもつながります。お店にいきたいけど今はいけない!という方、料理好きな方は、ぜひチェックしてみてください。

information

発酵デパートメント

住所:東京都世田谷区代田2-36-15 メインテナント1階

アクセス:下北沢南西口から世田谷代田駅方面に徒歩3〜4分

開店時間:11:00〜20:00 ※変動あり。お出かけの際は公式サイトをご確認ください。

定休日:水曜日

運営:発酵デザインラボ

https://shop.hakko-department.com/

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。