千葉・ロングウッドステーションに150台の音楽好きが集合

2020年8月22日(土)、23日(日)、千葉県にて〈ドライブインフェス by Afro&Co.Vol.1〉が開催されます。これは、駐車スペースに車を停めて、車で楽しむ音楽フェス。

チラシイラスト

ドライブインフェスイメージ

主催は、アフロマンスさん率いるクリエイティブカンパニー〈Afro&Co.〉。同社が〈夜空と交差する森の映画祭〉のサトウダイスケさん、m-floの☆Taku Takahashiさんが主宰する音楽マルチメディア〈block.fm〉と共にスタートさせたプロジェクトです。

現在出演が決定しているアーティストは、☆Taku Takahashi、Tomoyuki Tanaka(FPM)、80KIDZ、DE DE MOUSE、TJO、Yon Yon、Maika Loubte。出演者は今後も追加予定です。

アーティスト一覧

こちらは、6月13日に行われたテスト開催の映像。

栃木県・岩船山の採石場跡地にて、50台限定で行われました。8月22日、23日は、千葉のロングウッドステーションにて150台限定で開催されます。

特殊効果による演出

ドライブインフェスの目標は、ウィズコロナの時代でも楽しめる“非接触イベント”。非接触でも「車だからこそおもしろい」体験をしてほしいと、さまざまな工夫が凝らされています。

ライブならではのお楽しみは、照明や特殊効果による演出。 車のなかからでも、フェスの世界観を楽しめます。

証明

通常のフェスとの大きな違いは、音楽をカーステレオで聴くこと。アーティストがその場で奏でた音楽をFM電波で飛ばし、カーステレオで聴けるようになっています。

ごはんは、LINEでオーダー。オーダーすると、スタッフがローラースケートで届けてくれます。支払いはキャッシュレス対応を予定しているそう。

ごはんは、スタッフが車までお届け。※ローラースケートによるデリバリーは、雨天時など、状況により実施しない場合があります。

ごはんは、スタッフが車までお届け。※ローラースケートによるデリバリーは、雨天時など、状況により実施しない場合があります。

また、トイレに行列ができないよう、LINEで管理して案内するという工夫も。フェスといえば“密”というのがこれまでの常識でしたが、まったく新しいタイプのイベントになりそうですね。

DJ

今回のイベント開催にあたり、発起人のアフロマンスさんは次のようなメッセージを寄せています。

「コロナ禍でのイベントの可能性として、ドライブインフェスはずっとチャレンジしたいアイディアでした。しかし、クリアしなければいけないハードルも多く、いろいろな人に意見を聴きながら、まずは一度やってみる、そして、その知見は色んな人にシェアしていきたいと思うようになっていきました。コロナだから車で我慢する、ではなく、車だからできる新しい体験をつくっていけれたらと思っています」

8月23日のチケットは、ただいまオンラインで発売中。22日は招待者のみとなりますが、ライブ配信が予定されています。(配信は両日共に実施)詳細は、公式サイトをご覧ください。

information

DRIVE IN FESTIVAL VOL.1 by Afro&Co.

日時:2020年8月22日(土)、8月23日(日)

時間:16:00開場 18:00開演 22:00終了予定

会場:ロングウッドステーション

住所:千葉県長生郡長柄町山之郷67-1

主催:Afro&Co.

Web:https://afroand.co/driveinfes/

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。