レトロでモダンな東京下町の新名所

スカイツリーや隅田川を横目にたたずむ長閑な下町、東京都墨田区太平。ここに先日、創業88年の銭湯〈黄金湯(こがねゆ)〉がリニューアルオープンしました。場所は、複合型商業施設〈オリナス錦糸町〉の近く。

黄金湯は老朽化に伴い、昨年1月末より休業し、大規模な改装を実施。クラウドファウンディングの目標金額の2倍、600万円もの資金を集め、2020年8月に無事、リニューアルを果たすことになりました。

ところどころにあそびが効いたつくりに

オーナーである新保さんの「これまでにない銭湯にしたい!」という意向で、全体のクリエイティブディレクションを〈HIROCOLEDGE〉のデザイナーでアーティストの高橋理子(ひろこ)さんが、内装設計をスキーマ建築計画代表の長坂常さんが担当。

さらに、風呂場の壁画は、ドラマ化もされた『きょうの猫村さん』作者のほしよりこさんが手がけました。銭湯壁画の定番と言えば「富士山」ということで、特に男湯と女湯の間に描かれた富士山は見もの。荘厳な富士山がやわらかなタッチで描かれていて癒されます。

昭和のレトロな味わいを残しつつ、ところどころにモダンなエッセンスを感じさせるつくりとなっています。

気になる浴場はというと、熱湯、中温湯、低温炭酸泉、水風呂と4つのバリエーションが。水はすべて、お肌に優しい軟水を使用。

サウナも併設されており、男湯には輻射熱でしっかりと汗がかける〈麦飯石とヒバで作られたオートロウリュサウナ〉が。そのあとは、水深90センチの冷たい水風呂と外気浴で整えて。

一方の女湯には、小さいながらも本格的に作られた〈国産ヒノキのセルフロウリュサウナ〉が設備されています。

ビアバー

ビアバー。この法被も高橋理子さんデザイン。

また、エントランスのコミュニティスペースにはビアバーを併設。 クラフトビールなど、こだわりのセレクトのドリンクをお風呂上がりに楽しむことができます。

ここには、以前より開催していた〈レコード市〉を想定し、DJブースも設置予定。コミュニティスペースとしても機能する銭湯になりそうですね。

「黄金湯」のロッカーキー

「次の世代に銭湯を繋いでいく」という使命感のもと、より老若男女に愛される、モダンな銭湯になった黄金湯。まちのシンボルとして、多くの人に愛されそうです。

「幸せ空間」を提供する銭湯に

View this post on Instagram

6カ月に渡る改装を経て   本日、8月22日いよいよオープン!  特別時間で10時から開店です‼︎ 黄金湯で皆さまにお会いできるのを心より楽しみにしています‼︎ #開店 #錦糸町  #墨田区 #黄金湯  #大黒湯の姉妹店 #建築 #銭湯 #サウナ #SENTO #JAPAN  #tokyo  #campfire  #japan #bathhouse #sauna  #spa  #renovation

A post shared by 黄金湯 (@koganeyu) on Aug 21, 2020 at 3:26pm PDT

最後に新保さんによる、クラウドファウンディングの最終章の言葉を紹介させていただきます。

「私たちの目指す銭湯。それは「幸せ空間」です。

気持ちよかった、幸せだったなと、その余韻に浸りながら家路に着いていただける銭湯を提供していきたいという想いで運営しています。内風呂とはまた違った潤いある時間、ちょっとした贅沢を感じられるのも銭湯の醍醐味だと思います。

私たちの銭湯が、地域の皆様のみならず、ひいては日本、そして世界中の皆様の幸福度を上げることの一翼を担うと信じて、これからも進んでまいります。

新しく生まれ変わった黄金湯で、湯上がりの美味しいビールや牛乳を皆様と一緒に飲める日が待ち遠しいです。

information

黄金湯

住所:東京都墨田区太平4丁目14−6 金澤マンション1F

営業時間:10:00〜24:30(平日・日曜・祝日)、15:00-24:30(土曜日)

定休日:第2・第4月曜日

料金:

大人 470円(1時間30分)※水曜は男女入れ替え日

中学生 370円

小学生 180円

幼児 80円

サウナ(平日)女性 300円 / 男性 500円(+1時間)

サウナ(土日)女性 350円 / 男性 550円(+1時間)

貸しタオル セット 200円

備品:

【無料】リンスインシャンプー・ボディソープ・ドライヤー・綿棒

【有料】貸しタオル・ひげそり・歯ブラシ・化粧水・乳液・クレンジング・洗顔・各種飲み物

URL:https://koganeyu.com/

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。