新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、社会情勢の変化を感じ、地方への移住を考えている方も多いのではないでしょうか。自治体としても、この未曾有のピンチを移住者を呼び込むチャンスに変えるべく、さまざまな支援策や広報活動を行っています。こうしたアクションが呼水となり、都市生活者が新しい土地での新しい生活様式を求める動きは、今後も続く模様です。

いきなり物件探しや引越しと、行動に移す方もいるかと思いますが、まずは、移住に際して何を重要視したらいいのだろう?とわからないながらも漠然と移住を考え始めた方に、おすすめのWebサービスがあります。その名も〈ピタマチ〉。凸版印刷とふるさと回帰支援センターとの共同開発で誕生した、ピッタリな地域とマッチングできる移住支援サービスです。

移住への憧れを抱いたり、どこに移住するかを考えるのは大切。でも、“そこ”でどういう暮らしをするかを思い描くことはできますか?

自分や家族にとっての理想の暮らしを提案してくれるこの〈ピタマチ〉。働き方、自然環境、子育て環境といった暮らしのキーワード(特徴)からサジェストされた移住先を検討したり、地域から届いたメッセージを一括管理できます。

特に、写真を選択していくことで、移住意向を言語化してくれる「理想の暮らし診断」は〈ピタマチ〉ならでは。まずは、移住を検討し始めた方の“はじめの一歩”として役立ちそうです。

「理想の暮らし診断」では、風景や生活シーンの写真を直感で選ぶだけで、言葉や条件では語るのが難しい移住先での理想の暮らしを診断できます。

診断時の画像選択画面のイメージ。

診断時の画像選択画面のイメージ。

診断結果は、独自の画像解析アルゴリズムによって、移住で重視している3つの軸と、それぞれの3つのキーワードが自動で表示されます。

診断結果画面イメージ。

診断結果画面イメージ。

さらに、診断結果に応じたおすすめ地域が表示され、メッセージボックスでは、地域から自分にピッタリな移住関連情報が届くようになります。実はこれが理想の移住先探しには効率的で、地域名リストや移住者募集のインデックスを眺めているだけでは出会えない地域との偶然のようで必然的な出会いがあるのも、ほかのサービスにはないおもしろいところ。

 診断結果で表示されるおすすめ地域のイメージ。

診断結果で表示されるおすすめ地域のイメージ。

今後はビデオオンライン相談などの拡充が予定されており、遠方への相談など、効率的かつ気軽に相談できます。移住先探しで最初に使うべきプラットフォームとして、今後も期待できそうです。気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

information

移住マッチングサービス〈ピタマチ〉

ピタマチ

凸版印刷とふるさと回帰支援センターとの共同開発で誕生した、自分や家族が思い描く暮らしとピッタリな地域とマッチングできる移住支援サービス。

Web:https://pitamachi.com/

writer profile

Yu Ebihara

海老原 悠

えびはら・ゆう●コロカルエディター/ライター。生まれも育ちも埼玉県。地域でユニークな活動をしている人や、暮らしを楽しんでいる人に会いに行ってきます。人との出会いと美味しいものにいざなわれ、西へ東へ全国行脚。